ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 4月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 2010.5.10 (月) メディカルアロマテラピー講座 -5th-

2010.5.10 (月) メディカルアロマテラピー講座 -5th-

カテゴリ : 
セミナー/イベント情報
執筆 : 
arsstaff 2010-5-10 19:30
長かったGWも明けて、E.M.P.M.Japonのメディカルアロマテラピー講座もいよいよ中盤となりました。
講義内容も、いよいよ本講座のメインである、各精油の含有成分とその特徴、使用方法となりました。

【第5回目の講義内容】
芳香分子の化学種・・・モノテルペン類とモノテルペノール類
精油のモノグラフ・・・レモン、スイートオレンジ、マンダリン、シベリアモミ


分子の式量を計算し、式量からその精油の特徴を読み解いていく。
分子の構造上の特徴からくる精油の特徴。

一口に"肝臓機能を高める"と言っても、精油のどの含有成分が、身体にどのような影響を与えることから、結果、"肝臓機能を高める"と言われている・・・とか。。。
漠然と捉えていた各精油の作用の、その根拠・理由を少しでも明確にしたくて、受講者からは
「これまで○○作用があると習ってきたけど何故?」
と、次々と質問が飛び交っています。

その他、弘前大学のイソプレノイド類の抗菌・抗真菌活性についての実験データなどの興味深い内容を盛り込みながら、あっという間に3時間の講義が終了。
やはり、こうして根拠となる理論・データに基づく知識があると、自信を持って精油を選択することができますよね。

そして、今回の講座での、もう一つの楽しみは、ランチタイムです!
お時間の許す方が、講義終了後に食事をしながら、講義を終えての感想や、それぞれの活動の話し等などを・・・
ランチタイムの会話も、なかなか熱く楽しいです!
来週は、講師の先生もご一緒できそうだとか?
また、次回も楽しみです。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ars-inc.co.jp/com/modules/d3blog/tb.php/177
ars inc. | aromatherapy and naturopathy