ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 8月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 7月13日メディカルアロマテラピー講座報告記

7月13日メディカルアロマテラピー講座報告記

カテゴリ : 
セミナー/イベント情報
執筆 : 
rie_suzuki 2010-7-14 9:20
メディカルアロマのフォローアップ、メディカルアロマ考察の為の
2daysセミナー第1日目の講座を7月13日に開催致しました。

定員を上回る大勢の方々にご参加いただきました。4人の講師のオムニバス形式、
●第一弾三浦一郎先生「医療現場におけるアロマテラピーの可能性」

多彩な引き出しのある先生で、免疫の話、デトックス、過食をしないなど、アロマセラピストにとっての基本的にとても大切なお話の後、医療の場でもストレス軽減、リラクセーションにアロマが役立つこと、精油は基本的に薬と同様なものとして安全性についても触れられておりましたが、アロマセラピストがホリスティックな立場でコンサルテーションで聞き取るべき情報、そして職人として創造性とオリジナリティを持って仕事をしてほしいというメッセージをいただきました。勿論精油の効果測定も大切ということで、色々なヒントをいただきました。ランチにもおつきあいくださり、参加者の健康相談も受けてくださいまして、先生のお人柄は大変魅力的でした。血液型による体質気質論も参考になりました。B型とO型にアレルギー体質が多いそうです。一番長生きなのはB型なんだそうですよ。O型は時々ネガティブスパイラルが渦巻くそうです。

第2弾 IFA/ITEC認定アロマセラピスト長島奈美さん 13:30 ~ 15:30:メディカルアロマセラピストになる

実際に内科、産婦人科、耳鼻咽喉科でアロマセラピストとして臨床を行っている長島さん、どのように医療領域に導入されたのか、またその中での様々なご苦労や臨床されている方の貴重な体験談でした。とても正直な彼女のお話でした。女性的な男性の方が、アロマを受け入れてくれるとか、素直な方は回復が早いなど、うーん、、確かに、っと思うことが沢山ございました。ランチが延びて、時間が押してしまいました。実技をお見せ出来なかったのが残念でした。

さて、次回は、7月17日(土曜日)10:30〜15:30
第三弾 鈴木理恵の心療内科でのアロマテラピー
私の病院での体験記です。メンタルケアのために私が学んだこと、
アロマテラピーの恩恵、精油の活用法他、臨床からの生の声を
お届けしたいと思っています。別に医療施設内に限らず、アロマセラピストがメンタルケアを行う場合、どのようなことが大切か、
私の考え方の変化を知っていただきたいと思っています。


7月17日午後13:30〜15:30は、IFA認定アロマセラピストで14年間フェイシャルセラピストとして活躍し、大阪と東京でサロンを経営している斎藤美智子さんによる、サロンで使えるフェイシャルテクニックです。メディカルの現場でも、サロンでも
アロマセラピストに足りない一番のテクニックは、フェイシャル。
勿論自然療法で、きちんと結果が出る、つまり綺麗にならなければ
意味がありません。海洋療法タラソテラピーを活用し、アロマの良さも最大限に引き出すオリジナリティのあるテクニックを実演披露致します。

7月17日は、まだ受け付けておりますので、ご興味ある方はこちらへ
2days メディカルアロマ講習会

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ars-inc.co.jp/com/modules/d3blog/tb.php/213
ars inc. | aromatherapy and naturopathy