ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 2月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 【精油のはなし】ビターオレンジ・リーブス(プチグレン)

【精油のはなし】ビターオレンジ・リーブス(プチグレン)

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-7-15 8:00
ビターオレンジの葉から抽出される【ビターオレンジ・リープス(プチグレン)】
ビターオレンジの花から抽出されるのはネロリですが、こちらは、とっても高価な精油。
葉から抽出されるビターオレンジ・リーブス(プチグレン)]は、良質なものであれば、女性のストレスに起因するトラブルの緩和に、ネロリの代用品として使うことができます。
また、ビターオレンジ・リーブス(プチグレン)]は、ネロリよりもエステル類が多く呼吸のリズムを整えてくれます。






■学名:Citrus aurantium
■天然特性成分:酢酸リナリル、リナロール、ゲラニオールなど
■栽培抽出地:パラグアイなど
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■抽出部位:葉

※過度の興奮や緊張を鎮めます
※動悸や頻脈、けいれんを鎮めます
※皮膚に対して穏やかな抗感染作用があります
※皮膚細胞の再生を促し、傷の治りを早めます


仕事の重圧でストレスから過度に緊張している時には、[真正ラベンダ]ー+ビターオレンジ・リーブス(プチグレン)]+[ゼラニウム]の割合でブレンドし植物油で希釈し、お風呂上りの肌のトリートメントオイルとして使用するのも良いでしょう。優しく緊張を和らげてくれます。

ビターオレンジ・リーブス(プチグレン)]は、穏やかに病気に対する身体全体の抵抗力を強めてくれるとも言われますので、病後、衰弱状態にあるときに役だってくれます。
また、皮膚を強壮する効果があるので、吹き出物やニキビのような肌のおでき類を一層するのにも役立ちます。

イランイラン、サンタルウッド、ゼラニウム、ネロリ、パルマローザ、柑橘系、ラベンダー、ローズウッド、ローズマリーなどとブレンドの相性が良い精油です。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ars-inc.co.jp/com/modules/d3blog/tb.php/214
ars inc. | aromatherapy and naturopathy