ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 11月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - お好みのアロマで

お好みのアロマで

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-4-14 12:41
アロマは、食べ物の良い匂いを示す言葉でもあり、ワインの評論にも良く登場します。

芳醇なアロマ、コクのあるアロマ、アロマティック、スパイシィーアロマ、、みたいに。

仕事先の、英国人アロマセラピストと先日食事をした時に、

『なぜ、先生はそんなに若々しいのですか?』

と訪ねたら、
『それは、私が、朝は瞑想、昼間はアロマテラピー、夜はワインを飲むからよ。』
と素敵な笑顔で、ワインを握りしめておっしゃっていたのが印象的でした。
私はこうゆう先生が大好き。


このごろのお気に入りの食材は、イチジク、アボガド、ピスタチオ、& グレープフルーツ。

グレープフルーツは、前の晩に皮を綺麗に剥いておいて、朝食後にいただく。

身体がすっきりするので好き。

メキシカンなワカモレが大好きなので、アボガドは欠かせないし、ピスタチオはナッツ類の中で、

我が家ではダントツ人気。 しかしながらイチジクとアボガドとピスタチオは、完全に

酒の肴系である。ワインにぴったり。ワインの香りが、また色々と幅広い。

私のアロマの授業では、必ずワインに似合う香りとして、クラリセージを紹介する。

クラリセージを嗅ぎ込みながらワインを飲むとすぐに酔えるので便利なのです。

ローズがお好みの方へは、芋焼酎の匂いのキツいのをおすすめします。ローズの香りがするので。

ジュニパーとライム、或はレモンだとジンリッキーだし。

サンダルウッドは、良質なシングルモルトウイスキーにその香りを持つものがある。

柑橘系は、若い子が好みそうなカクテルに点在しているし。

様々なアルコール類のアロマ、勉強すると良いと思います。























トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ars-inc.co.jp/com/modules/d3blog/tb.php/23
ars inc. | aromatherapy and naturopathy