ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 8月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 【精油のはなし】ホームケアとしてのアロマテラピー:風邪・インフルエンザ対策

【精油のはなし】ホームケアとしてのアロマテラピー:風邪・インフルエンザ対策

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-11-15 8:00
そろそろ、インフルエンザの流行が話題になってきました。

インフルエンザかな?と思ったら!
自己診断で解熱剤等の薬を飲んだりせずに、まずは病院へ行き、医師の診断を受けることが重要です。
解熱剤でウィルスは死にません。熱を下げたい場合は、脇の下などのリンパ節を氷り枕などで冷やすと良いでしょう。
解熱剤の化学物質との反応により一時的にウィルスが増殖し、思わぬ病気を併発してしまう危険もあるそうです。
インフルエンザに感染したかな?と思ったら、早めに専門医師の診断を受け適切な処置をすることが大切です。

そして、大切な家族を風邪やインフルエンザから守るための予防として、ホームケアとしてのアロマテラピーをご活用いただければと思います。

精油の組成成分(テルペン)の多くは、抗菌・ウイルスの薬理作用を持ちます。
精油の組成成分(テルペン)の持つ、抗ウイルス作用は、ウイルスの膜構造をターゲットして作用し、感染力を不活化させるとされ、近年ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどで研究が進み、新たな薬剤候補として注目を集めています。
正しい使い方をすれば、トラブルや副作用なく、香りを楽しみながら、風邪やインフルエンザ対策ができるといった優れものです。
但し、細胞に感染させた後にテルペンを作用させても抑制効果がほとんどないとの実験結果もございますので、感染したかな?と思ったら、くれぐれも専門医師の診断・治療を受けていただくようお願いいたします。

以下、インフルエンザ対策にホームケアに役立つ精油と、その利用方法の一例をご紹介いたします。

【風邪・インフルエンザ対策に役立つとされる精油の一例】
 ★オキサイド類:1.8シネオールを持つ精油
  ■ラヴィンサラ    ■ローズマリー・シネオール
  ■ユーカリラジアタ(肺に熱がこもっている時はグローブルスを使用)
  ■ユーカリグローブルス(痰が緑・黄色の時)
  ■スパイクラベンダー
 ★その他
  ■ティツリー:含有成分"モノテルペンアルコール類:テルピネン4-ol"の抗ウィルス性作用が注目されている。
   (ティートリーは空気感染に対しては抗ウイルス作用を余り発揮しないと言われます。皮膚塗布での利用が適します)
  ■クローブ:抗ウイルス作用のあるフェノール類:オイゲノールを持つ
       等

A香港型ウィルス群に直接接触による抗菌性を調べた結果、ラヴィンサラ、ティートリー、ユーカリ・ラジアタなどがウイルスを0-10%まで減少させたそうです。

※自分でブレンドするのは・・・という方は「イムネオール」をご活用ください。
「イムネオール」は、EU諸国の自然医療に積極的に取り組んでいる医師や薬剤師により、風邪やインフルエンザなど感染症の予防とケアのためのローションとして推奨されています。
とある有名なミュージシャンの事務所でも、ご愛用いただいております。
とても甘く素敵な声で語りかける素敵なその方。。。声が楽器ですから喉の健康を保つのにも、この「イムネオール」がお役にたてていることでしょう。

【風邪・インフルエンザ対策レシピの例】
■入浴の後に:ラベンダー:ラヴィンサラを2:1でブレンドしキャリアオイルで希釈して皮膚塗布。
       或いは、ティートリー、ユーカリラジアタ ラヴィンサラを同量ずつブレンドしキャリアオイルで希釈して皮膚塗布。
  塗布する部位:首・肩・耳の後ろ、肩甲骨、鎖骨の下、お腹、土踏まずなど
■うがいに:ティートリーをコップに2-3滴入れてうがいをする
■芳香浴に:ユーカリラジアタ2滴:ラヴィンサラ3滴:レモン3滴

私たちは、100%無菌・無ウイルスの状態に身を置くことは不可能です。
また、ワクチン接種は血中抗体が出来ますが、粘膜抗体は出来ないそうです。ワクチン接種をしただけでは、インフルエンザ感染予防としては不完全。
以外と、鼻粘膜からの感染も多いのだそうですが、呼吸をする人間。。。やはり100%、ウイルスを避けることは無理ですね。
万が一、風邪やインフルエンザに感染しても、症状を軽くすませ、長引かせないようにするために、受け入れ側の人間が健康であること! 特に上気道を健やかに保ち、交感神経・副交感神経のバランスを取り、免疫力が活性化している状態にしておくことが大切ってことですね。

友人や家族と共に楽しみながら、美味しい栄養バランスのとれた食事をすること。そして、適度な運動と、リラックスして良質な睡眠をとり、身体を冷やさないこと。
普段から免疫力が働く環境を整える一つのアイテムとして、アロマテラピーをご活用いただけたら嬉しいです。

エイエールエスでは、予防・予後の観点から、ホームケアに役立てるためのメディカルアロマの知識を取り入れた講座も開催しております。12月も、昨年に引き続き風邪・インフルエンザ対策の1dayセミナーを開催いたします。
ホームケアとしてのアロマテラピーを身近な日常生活に取り入れる方法を学び、実際にご自身で精油のブレンドを行い、お持ち帰りいただきます。是非、ご来場をお待ちしております。



■11月12月開催の1dayセミナー情報■
【11月ワークショップ】ビューティーレッスン1-美肌と美眉で印象度Up-
【Xmas Waku+Waku-Workshop】スパイス講座とX'masポマンダー作成
【12月 Waku+Waku-Workshop】風邪・インフルエンザ対策とアロマテラピー
第54回アロマイタリアン

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ars-inc.co.jp/com/modules/d3blog/tb.php/276
参照元
カシオ腕時計2013-6-9 13:36
邪・インフルエンザ......more
カシオ腕時計
ars inc. | aromatherapy and naturopathy