ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 8月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 名香ゲランのミツコ

名香ゲランのミツコ

カテゴリ : 
セミナー/イベント情報
執筆 : 
rie_suzuki 2011-8-14 6:00
私がアロマに興味を持った最初のきっかけは、私の母だ。強烈に個性的なキャラクター。
そしてときどき、ふっと何かが降臨してきて彼女の口から思いがけない言葉が発せられる。

私が19歳の時に大病を患い、言葉も記憶も手先の器用さも全て一瞬にして喪失してしまったのだが、奇跡的とも言える回復を果たした。

病気を患って数年後、突然「理恵は、なにか香りの仕事をした方がいいわ」と言い出した。
私は当時コンピュータープログラマー。毎日パソコンに向かって、機械語と格闘していたので
まったく香りとはかけ離れていた。それから数年後、何故か英国へアロマの勉強に旅立つことになったのだ。

私の母の名前は、名香とおなじ「ミツコ」。英国帰国のお土産に、ちょっと奮発してゲランの
ミツコのパフュームをプレゼントした。

ミツコは、1919年調香師ジャックゲランによって生み出された香り。ベルガモットの
クリスタルクリアーな香り、合成香料のピーチ、ローズ、ジャスミン、オークモス、ベチバー
シダーウッド、ブラックペッパー、シナモン、アンバーグリスのラスト、世界の名香の一つだ。

気難しい母がその香りをとても気に入ってくれた。

自然な精油だけが心理作用や療法的な作用がある訳ではない。天然、合成の区別なく、本人にとって「良い香り」であることが基軸だと思っている。

母のお告げの通り、現在も香りにまつわる仕事が出来ている訳だ。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ars-inc.co.jp/com/modules/d3blog/tb.php/303
ars inc. | aromatherapy and naturopathy