ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 10月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 我が家のハンバーグ

我が家のハンバーグ

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-4-24 14:40
明日は、子供の遠足。『お弁当のおかず何にする?』と子供に訪ねると

『ハンバーグでしょ、つくねでしょ、ポテトでしょ、チーズにハムを巻いたのに、オニギリ1個』

と毎度おなじみの回答が。。

私のハンバーグは、とても好評で、昨年の子供の誕生日には、2kgもハンバーグをこしらえたが

あっという間に売り切れました。

ハンバーグは我が家の定番メニュー。

そういえば、宇多田ヒカルは、ハンバーグが大嫌いと話しているのをテレビで見ましたが、

子供でハンバーグ嫌いって、あんまり聞いたことがありません。

ですが、ひき肉たっぷりなので、メタボな私にはヘビーな一品。

という訳で、我が家のハンバーグは、ちょっとした工夫が。。


ハンバーグを作る場合には、極力お肉を減らします。

でもやっぱり総量の半分くらいはお肉でないと美味しくないんですよね。

あとは、野菜とお豆腐を加えます。

<材料> ハンバーグ(ミニサイズ直径6cmくらいの俵型12個分>

 ○ひき肉180g(牛肉7:豚肉3くらいの合わせが美味しいけど、何でもいいの、鶏肉でも何でも)

 ○野菜 タマネギ中2/3 人参中半分(オリブ油でタマネギが透けるくらいいためる)本当は
 キノコ(エノキやしいたけなど)が入ると美味しいけど、子供があんまり得意でないので
 入れません。他春はキャベツとか、タケノコも美味しい。

 ○豆腐1/2丁(キッチンタオルで巻いて、重しをして、水気を切っておく)

 ○卵:1個

 ○牛乳:大さじ11/2くらい

 ○ナツメグ少々(肉の臭み消し、他シナモンを入れると甘くなる。クミンなどを入れると
 インドっぽい)

(ソースの材料)
 ○ケチャップ大さじ2 ウスターソース大さじ1 バター大さじ2/3 酒大さじ2、水100ccく
  らい。

<作り方>

1.ひき肉は、柔らかくなる迄冷蔵庫から出してしばらく置いておく。

2.いためた野菜を1に入れ、ナツメグ、卵、牛乳、豆腐を加えさらに混ぜ込む。

3.かなり柔らかめなので、手でこねて形が形成出来るようなくらいパン粉、パンの耳などを
 加え、よく練る。練り練りが大事。耳たぶくらいがいいかな。多分やわからいなあって感じるくらい。

4.直径6cmの小判型に成形し、薄く油をひいたフライパンで焼く。フライパンの
 熱伝導性によるのだが、テフロンなら、中火くらいにしておいて、綺麗に焼き色を両面に
 つける。豆腐が多いと焦げやすいので、気持ち弱火。
 しっかり焼き目を入れて、うまみを逃さないようにすること。

5.焼き色がしっかりついたら、ソースの材料を混ぜ合わせて、ハンバーグに振りかけて、
 蓋をして、弱火〜中火で煮込むこと5分

6.一回、ハンバーグを全部ひっくり返す。このときソースが煮詰まり気味なら、水を
 加えて焦がさないようにする。さらに煮込み3分くらい。クシを刺して、煮汁が浮き出てこなければ完成。

煮込みハンバーグは、お弁当でも味が落ちなくて美味しいですよ。

まだ豆腐ハンバーグとかイワシハンバーグだけでは、物足りないのね。

肉って酒池肉林って言葉があるけど、色艶の源な気がする。

ハンバーグは、美肌から遠い存在。

なるべく原型をとどめている肉の方が、消化は良いです。


トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ars-inc.co.jp/com/modules/d3blog/tb.php/31
ars inc. | aromatherapy and naturopathy