ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 6月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 日本パン・菓子新聞に掲載されました。

日本パン・菓子新聞に掲載されました。

カテゴリ : 
日々雑感
執筆 : 
rie_suzuki 2012-3-22 7:20
日本パン・菓子新聞という業界紙に、バラと桜の香りの効用と、菓子への使用方法が掲載されました。

専門誌ですので、一般書店では購読出来ないかもしれませんが、

「バラがアンチエイジングに、桜が精神安定に」というタイトルで

バラと桜の香気成分の作用、フラワーセラピー的な意味、パンや菓子への使用方法について細かく記載されております。

菓子やパンの場合、ベイク=焼く、加熱が香気成分を壊す原因となるので、ローズウオーターを使用したり、コンフィチュールにしたり、油分に香りをしみ込ませたりすると良いのではないかと思います。

先日、某有名菓子メーカーのパテシエ様より、ニオイを消す方法を教えて欲しいとご相談を受けました。

香りをつける、ニオイを消す。オンとオフが組みあわさると幅が広がるかなとも思います。

ちなみに桜の香りは、塩漬けにすると増加するクマリンが主成分です。桜餅の葉っぱの香り、アンパンの上の桜塩漬けの花の香りです。アロマの世界では、血圧安定系です。

淡いピンクは精神安定と愛情です。桜に人々が集ってくる気持ちが
良くわかります。年々桜が綺麗に映るのは、歳を重ねている証拠なのでしょう。


アロマティックフラワーでは、フラワーセラピーと、テーマに沿ったアロマテラピーをお楽しみいただけます。色と香りのアートセラピーです。


花と香りに癒されるアロマティックフラワー

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ars-inc.co.jp/com/modules/d3blog/tb.php/361
ars inc. | aromatherapy and naturopathy