ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 8月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - ウサギとアロマ

ウサギとアロマ

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2007-5-12 17:05
我が家には、昨年からローランドホップという種類のウサギが家族の一員に加わりました。耳が垂れていて、結構大きくなります。現在1.8kgくらい、ネコとかチワワと同じくらいの大きさです。

飼育は、ウサギ専用ケージにて、餌は、チモシーという乾燥させた牧草みたいなのと、ペレット系の
固形餌、+生野菜(大根の葉、キャベツとかレタスとか、水菜(一番好物)+今の季節は、クローバーとか、はこべらとか豆科系の雑草を摘んで来て食べさせてます。

幼少期、いわゆるテキヤさんみたいなところで、小さいウサギを母におねだりして買ってもらったことがあります。ちなみに私、お洋服とか、食べ物を母にねだって買ってもらったことはないですが、生き物は別、りす、ハムスター、にわとり(5匹くらいいました)、キジ、ウズラ、インコ、オウム、文鳥、カラス、ネコ、犬、、と色々ねだって買ってもらってました。 変り種では、海水魚、イソギンチャクとかイワシの子供みたいのとか、トカゲとか、とにかく生き物大好きでした。

その小さなウサギさんは、「オ茶っ葉を絞って餌にしろ」とテキヤさんに言われた通りに飼育していたら3日で下痢して死んでしまいました。 以後ウサギさんには、ちょっと抵抗が。。

新たにウサギさんを飼うきっかけは、息子のお留守番で困っていたから。。鍵っ子の息子、
何も生き物が居ないので不憫になり、ペットの小島で、ウサギさんに一目惚れ。
子供の干支がウサギ歳ということもあり、店員さんに、ウサギの飼育方法をよく聞いて、3時間
話合いをして、家族の仲間入りをしたという訳です。名前は、息子が命名「ラッキー」です。
正式名称は、ハッピー&ラッキーですが、ラッキーが通称。 

ウサギって、知能指数は、ネコとか犬とは比べ物にならないくらい低いように思いますが、
バカなので、可愛いところもあります。しつけはまったく出来ません。声はほとんど出ません。
ところが嗅覚は結構長けているみたい。
まず、家族と家族外は嗅ぎ分けしてます。息子の悪ガキ友達が一番苦手で、スイッチ切れて、
固まってしまいます。ストレスを受けると、しばらく身体が硬直してまったく動かなくなります。
(これは可哀想です)以前は、掃除機の音でも固まってましたが、免疫がついてくるみたいで、
今は、いろんな事に慣れて来ました。

マッサージは大好き。いつも撫でて、撫でてと頭を低くして近づいて来ます。耳の周り、あごのした、シッポの周り、背中などが好きみたいです。

アロマは、凄く反応が早くて、ラベンダーが漂っているとすぐに眠くなってしまうし、ミントとか
ローズマリーの香りでは、やはり機能亢進系に傾くようです。

アロマトリートメントはしません。ふんのニオイ消しなどにもアロマは使用せず、消毒用アルコールで拭き取りしてます。

ウサギアロマは研究中。ウサギって今結構ホットなペットらしいですよ。7〜8年も寿命があるので子供は中学生くらいになってしまうなあ。

早く猫か犬にシフトしたいんですけどね。家を留守にしてばかりなんで、今はうさぎ止まり。
うさぎは2日迄なら留守にしても大丈夫です。


トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ars-inc.co.jp/com/modules/d3blog/tb.php/6
ars inc. | aromatherapy and naturopathy