ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 1月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 最新エントリー

日本パン・菓子新聞に下記の記事が掲載されました。
「アロマによる味覚のデザイン」

本文
 おいしさを認識するのは、味覚だけではなく、嗅覚がとても重要な位置を占める。
というのは、味覚の決定因子の80%を嗅覚であるといわれており、たとえば鼻をつまんでコーヒーを飲むと苦い水としか感じられない。これは食べ物を口に入れると口から香りの情報が脳に伝わり、脳はそれが何であるのかを分析するのだが、コーヒーの場合は味覚よりも香りが優位性を持っており、食品の特徴を決定付けているからだ。
嗅覚も味覚も同じ科学的感覚であるが、味覚は味物質が舌にある味細胞に接すると味を感知するに対し、嗅覚は匂いの分子が空気中に放出され、それが鼻の中の嗅上皮粘膜にくっつくと匂いの感覚が生じる。
 嗅覚の神経は五感の中で唯一大脳新皮質を経ずに記憶に関係する海馬、本能・情動に関係する扁桃体に結び付いている。特定の匂いがそれにまつわる記憶を誘発することがよく知られており、これは上記の理由による。


■アロマがもたらすさまざまな効果
アロマによる味覚デザインとはお客様のニーズに合わせて、香りの機能性を最大限に引き出すこと。また、人の心や体に有益であり、イメージや雰囲気に合わせた味覚をデザインすることができる。心理的にはたとえばラベンダーはリラックス効果が上昇する、レモンは集中力が倍増するので、オペレーターがキーパンチする際にもミス率が低下するとした治験結果がある。またアスリートが精神集中するためにはミント系が効果的、そしてアルツハイマーの進行を遅らせるにもアロマテラピーは有効である。そして、ある食品メーカーから赤ちゃんのゲップのにおいをデザインしたシチューが売り出され、それが大ヒットした例もある。

このように心理的なアロマ因子の多様性はリラックス、多幸感、精神安定などに有効であり、アロマ因子を変更することでニーズに合わせた味覚表現の可能性が広がる。

味覚デザインは、素材、アロマ因子、アロマ因子心理作用、表現イメージ、ストーリー性、色彩、音、触覚、温度などの感覚が訴求されており、特にアロマは大きな役割を占める。

twitterアカウントを作成しました。

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
x_master 2010-4-16 12:29
エイアールエススタッフです。

このたび、新着セミナーのお知らせや新商品のお取り扱いについてより早くお知らせできるように、twitterにエイアールエスのアカウントを作成しました。

ご興味のある方はars_jpをフォローしてみてください。

ツイート一覧はこちら(http://twitter.com/ars_jp/)からご覧いただけます。

» twitterについてご参考になれば



新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 正月休みが短かったような気がします。皆さんどのようにお過ごしでいらっしゃいましたか。 食傷気味の身体に、少しは運動しないとと、自転車に乗ってみましたが、たいして運動になるほど未だ乗れません。車道は怖いですし、人も怖いし、対向自転車も怖い。怖いって感覚久しぶりですが。

北鎌倉の無嵐亭

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-11-29 6:40
2年ぶりに北鎌倉の無嵐亭へお食事に出かけました。
こちらは結婚して実家から離れてからは本当に年に1回顔を出すかどうかですが、既に15年くらい御世話になっている私のとっておきの店です。

北鎌倉から鎌倉山へ向かって十数分歩いて行きます。

本当に気のおけない友しか連れて行きません。今日のメンバーもとっておき、そんなにいつも逢う訳ではないけれど、心が安らぐ方々でアロマとは離れた人たち。たまには本業を離れないとと
思いつつもつい話しをしてしまったり。

「2年ぶりだから、美味しいものを一杯食べさせてあげようと思っていたのよお。」と元気で明るいオーナーの声。
こちらの店、メニューはありません。お腹が一杯になるまでお料理が出てきます。

今日は手作りソーセージ入りトマトベースのシチュー仕立て。バーニャカウダと新鮮野菜&牛タンロースト、サンマの柔らか煮、
自家製漬け物、牡蠣とエリンギクリームのパイ仕立て、自家製パン、リゾット、オリジナルブレンドコーヒー、、お腹が一杯。

心安らぐ友と、温かい気持ちの入った美味しい料理とワインと鎌倉の紅葉、これ以上のセラピーがありますか?

巳年集団

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-9-15 22:40
いつも御世話になっているヱスビー食品の方々が、千駄ヶ谷事務所の引越祝いにお越しくださいました。感激しました。嬉しかったです。とても。。

私はとっておきのハーブ生活のアロマ部門を担当、それとサンズコートで時々講師をさせていただいてます。

事務所をご覧いただいた後、半蔵駅にほど近いイタリア料理店エリオ・ロカンダ イタリアーナへ皆で繰り出しました。

食事は美味しく、アルコールも進んで、、干支の話しになりました。出席者4名全員が、巳年。ちょっとびっくり。
しかも血液型が全員違うというまるでポーカーゲームのロイヤルストレートフラッシュみたいな偶然。驚きました。

干支別アロマというのを見てみたら、香りはオレンジとゼラニウム
要するに皆おしゃべりってことでしょうか?
オレンジとゼラニウムは、陽気でおしゃべりにさせる香りというのがフレグラントファーマシィーという本に出ていたのを思い出しました。

とにかく楽しい晩でした。普段は孤独なことが多いのでこうゆう
サプライズはとても豊かな気持ちになりました。会話がはずんで
食事が美味しくて、、これがあれば優れたヒーリングエッセンスが
産まれるものです。

今日はAEAJ環境委員会

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-9-14 3:50
(社)日本アロマ環境協会の環境委員に所属する私、今日はその会議でした。イメージフレグランスコンテスト(今年は静岡の香り)の受賞作品を嗅がせていただきました。流石、環境大臣賞は静岡っぽい感じ。本当に力作揃いで。。

他アロマ環境アイディアを出し合いました。

アンチエイジング→ローズマリーガーデン、、みたいな。
楊貴妃、小野小町、クレオパトラ→三大美女→どんなアロマ?
育毛増進→ローズマリー、サイプレス?
(何を話しているか、これではさっぱり解らない感じですね)

いつも活気のある元気な協会です。

しかしながらアロマのポテンシャルって凄いなって、思います。

9月に入り、猛烈に忙しく、8月のインフルエンザとマレーシア疲れもあり、今日ははじめての休息、、フー。

麻布十番のウノ ジェンネのアロマトリートメントを受けに行って来ました。

このお店のオーナー花崎&山崎さんは、ニールズヤードのIFAコースの卒業生の方々です。在学中からサロン出店を計画なさっていらしておりました。

トリートメントメニューは『丹精コース』こちらのお店で一番人気だそうで、タラソ入浴剤入りのジェットバスに入浴後、フルボディートリートメントとフェイシャルが付く贅沢コースです。

まず、施設の豪華さにびっくり。麻布十番の閑静な住宅街の中に
ある素敵な一軒家で、1階美容院、2階ネイルサロン、3階最上階にウノジェンネが位置しています。さしずめビューティタワーですね。(以前代々木に佐伯チズ先生がいらしたビルの名前です)

さて、ガウンに着替え、ジェットバスへ、(他にもヴィシーシャワーのお部屋がありました)体張ってますので写真集ご覧くださいまし。

その後、丁寧なカウンリングを受けて、私の精油チョイス(5種類迄)ゼラニウム、メイチャン、フェンネルスイート、カルダモン、バジル、デトックスと強壮がメインです。とても良い香り、、。

ベッドに仰向けになり、背中よりトリートメントがスタート、全身くまなく丁寧にトリートメントしていただきました。ボディーの後、パックをして、フェイシャル、そしてホットタオルを使用しての頭皮マッサージ、、フー極楽、極楽。。

本当にお二人の温かい愛情に満ちたエネルギーに溢れかえった素敵なサロン、細部迄目が行き届いているなあと感心致しました。

都心のオアシス、心落ち着く素敵な空間とその環境を埋めるセラピスト達の愛情溢れるトリートメント。本当に心地よいひとときで、
疲れも吹っ飛びました。

疲弊する前に、ケアしないと40代は乗り切れません。
お肌すべすべになりました。カップルで施術が受けられるのもグッド。


両国は、相撲だね。

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-9-12 20:40
今日は両国の学校法人了徳寺学園医療専門学校へ外部講師としてアロマ講座をしに行ってきました。

こちらももう5年程御世話になっている専門学校です。柔整、鍼灸科の生徒さんへ、アロマとリフレをプラスαで教えるというもの。

この学校法人の柔道部は、毎回オリンピックへも出場しています。とても強いんですね。

学校へ行く途中、相撲のハッピを着た方々が、太鼓を持って、お店をまわっているのに出くわしました。お相撲さんを呼び出す、『ひがあしいー、、』っていゆような声で、太鼓を叩いて
まわってました。いいなあ両国。

国技館近辺は、チャンコ鍋も多いし、結構いい店がある。文化的で、下町で、、江戸だね。

両国も大好き、行動範囲広い私、千駄ヶ谷の事務所からはとても近かった。。

今日は相撲な気分。

柔整、鍼灸の生徒さん達が少しでもアロマをそれそれの道で広げて欲しいなあと思っています。

アロマって本当に幅が広いところが大好き。

なんだかんだの今年ですが、小学校のPTAの役員になってしまいました。
私の肌タイプとは、異質なんですけど。。子どもが通う小学校は、人数がとても少ないんです。
品川区は、公立校ですと自分の通いたい小学校、中学校を選択するとが出来ます。

たまたま就学する前に、小学校の側に引っ越してきたので、近い方が通学にリスクが低いだろうと選択したのですがあまり人気のあるほうではなかったようで、今年は全学年が
1クラスずつです。しかも1クラス20名前後のため、本当に子どもが少ない。

何か新しい取り組みがないかしらと、思案していたら、防災訓練の飯ごう炊飯で、カレーライスを作るということをしているので、カレー粉を作成したらどうかと思いまして、エスビー食品さんにご相談したところ、ご快諾。

クミン、ターメリックなど11種類の様々なスパイスを並べて(子どものミルク缶のようなもの)、少しずつスパイスパウダーをブレンドして、オリジナルカレパウダーを親子で
作成するというものなんです。スパイスのパネル展示、スパイスのお話、カレーライス作成の
指導などなかなか良い企画に仕上げっています。

親子企画ということと、食育、アロマテラピー原料ともなるスパイスということで、楽しそうです。私なりの貢献が上手く伝わるといいなあと、来月の開催にちょっとどきどきしています。

スパイス&ハーブこども研究室(エスビー食品HPより)

日航ホテルにて

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-9-8 0:30
今日は、お昼から日航ホテルで、健康保険推進財団から御依頼を受けて講習会がありました。

ランチ食べようってことで、佐伯チズプロデュース、うなはたけ
ランチっていうのを見つけました。中華ね。

佐伯先生は、以前ビューティタワー(代々木)のスクール立ち上げ時
2クール程、アロマ講師で呼ばれたことがありまして、

一緒にお食事もさせていただいたのですが、あの髪の毛と肌、
本当に綺麗なんですよね。

今はタレントなのだそうですが、ご活躍ですね。凄いなあって
思います。

味? メニューみて、、急に変更して、飲茶セットにしてしまい、
よく解りません。

久しぶりの日航ホテル、やはり良いホテルだなって思いました。

講習会は、70名程お集りされてました。

私は、アロマジェルでハンドトリートメントのデモストを披露する
つもりが、ジェルをお客様にぶちまけてしまい。。
オーノー。。

本当に申し訳なかったです。

そしてまたセミナーが終わると夕食の心配。
早くこのスパイラルから脱したい。一日の作業で一番大変なのは
ご飯の心配。

ランカウイのオールインクルーシブ。カムバーック。

ars inc. | aromatherapy and naturopathy