ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 8月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 最新エントリー

エスビー食品イベント&新社屋

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-4-15 0:20
本日は、エスビー食品のイベントにご招待いただきました。
折角なので、私の料理教室の師匠と一緒に参加させていただきました。

エスビーのヒット商品、軽井沢フレンチレストラン「エルミタージュ・ドゥ・タムラ」の田村良雄シェフによるクッキングパフォーマンス。隠れ家レストランのこだわり・スローライフの実践というサブイトルが付き、ハーブの様々な活用方法のレクチャーでした。

お料理は、
・魚介類の瞬間薫製 サラダ仕立て
・エビ(ウチワ)のパートフィロつつみフライ トマトクーリソース
・チキンもも肉のコンフィ 色々温野菜添え
の3品でした。

まずは、エスビー食品八丁堀ハーブテラスの素敵なこと。真っ白なビルでセキュリティもかっこ良く、料理講座用に、しつらえたお教室は、ハーブの鉢が並んでいて、とても素敵。

田村シェフは、職人様という感じ。様々なハーブの活用法、試食が出来て、こんな有名なシェフに直接質問したり出来るとは、、贅沢な一時でした。

私は、ドレスコードが間違えていたみたいで、皆さんとてもおしゃれにスーツでしたのに、
カジュアルな出で立ちだったので、恥ずかしかったです。
私のお向かいには、フォションの招待客のフランス人がお二人。他見回すと皆様とても
お偉い方々のような。。

ま、気にせず、コース料理に舌鼓を、、。でも水でフランス料理はちょっと。。
ワインを飲みながら、ゆっくりいただきたい感じでした。

個人的には、米ワラとハーブを利用した魚貝の瞬間薫製が、香りが程良くて興味深かったです。


おっと、、、こちら八丁堀ハーブテラスは、4月からハーバルカレッジサンズコートの
レッスンが行われております。私も8月に特別講座を行いますので、
御時間有る方は是非、下記HPをご覧くださいませ。

ハーバルカレッジサンズコート


フランスツアー詳細チラシ完成

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-4-9 0:50
おー、やっとJTBさんから、フランスツアーの詳細と金額が出て来ました。
7日間で239000円です。サンマロ、プランコエ、モンサンミッシェル、パリと
見所というか癒しどころ満載のツアーに仕上がりましたよ。

日程は5/31〜6/6

ご興味ある方は下記アドレス迄連絡ください。rie.suzuki@ars-inc.co.jp

いよいよ本日よりE.A.P.M JAPAN メディカルアロマテラピー入門講座が開講致しました。

久しぶりに新しいことを勉強するのに必死な状態でしたが。。目から鱗の連続の講義内容。
精油とはどうゆうものかから、精油の組成についてなど多岐に渡り興味深い内容でした。
実際に実験していただいた中に、無水エタノール、消毒用エタノール、グリセリンと
精油が、混ざり合うかどうかというものがありました。
無水エタノールが唯一混ざり合って精油が見えなくなりましたが。。グリセリンはまったく
混ざり合わず。。
「混ざり合う」というのがポイントでして、精油は無水エタノールにも「溶解」はしていないのです。乳化もしていません。
だから水を加えると白濁してしまうのだそうです。
精油+水の組合せは、メディカルでは御法度とのこと。

あー、色々刺激的な1日でした。

アーユルヴェーダセンターでは、まず最初にアーユルヴェーダ医師(普通の医師でもある)による
問診が行なわれました。通常のアロマセラピーで問われるような生活情報、健康情報、家族歴、
社会歴、主訴に加えて、簡単なカウンセリングのようなもの、体重、身長測定、血圧測定がありました。私の主訴は、仕事の疲労ストレスと旅の疲れなどごく一般的なもの。

ここでアーユルヴェーダ的、ヴァータ、ピッタ、カパ体質を教えてくださるはずだったのに。。
未だ解らず。先生教えてください。

多分カパ、ヴァータ的私の体質には、体重減量が必要だったのでしょう。デトックスコースと
言われました。(でもさあ、他の3名全員デトックスだったのね。ちょっとなあ。)

デトックスは一般的コース。朝ヨガ、朝食、午前のトリートメント(シロダーラとかアビヤンガ)、昼食、午後トリートメント(部位の違うマッサージ)、夕食って流れ。

とにかく1日近い旅の疲れと寝不足で、毒の溜まりっぱなしな私は。。シロダーラ(額サードアイの部分にオイルを垂らす療法)と二人がかりのオイルまみれマッサージで、どろどろに
溶けていったのでした。


インド アーユルヴェーダの旅1

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-3-18 1:49
体調が今イチで今週はおこもりしているので、やっとですが、昨年11月に
行った、インド旅行紀を。

インドは、呼ばれなければ、行ってはいけない国。

昨年たまたま呼ばれましたので、行って参りました。アロマセラピストですから、白檀=サンダルウッドの聖地、南インドマイソールへ。

15年来のおつきあいのアーユルヴェーダ第一人者の先生が引率してくださいました。(なんて豪華なのでしょう)

宿泊場所は、IVAC アーユルベディック センターでした。

バンガロールから、車で4時間、日本からシンガポール経由でしたので
ほぼ1日がかりで到着。(遠いですね)

デカン高原麓に位置するIVAC。いい意味で文化度高い田舎。日本だったら八ケ岳あたりのホリスティックケアセンターかな。

さて、我々を待ち受けていたものは。。。

写真 私が首に巻いているのはバジルです。神聖な香り。
植物は、白檀とジャスミン
入り口には綺麗に花が飾られており、ほのかにアロマでおもてなし。

介護予防のアロマテラピー

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-3-18 0:26
千代田区委託事業で、介護予防のアロマテラピーを受けてから
4年が経過しようとしています。

介護予防のアロマテラピーの定義とは、、当初は高齢者が元気でいられるようにと考えておりました。介護する側が元気でいられたらそれは介護を受ける側にとって一番恩恵があると思ったので。

継続して考えるうちに、もっと枠が広まっても良いかなという気がしてきました。

介護予防は、将来の目的で、全ての人が自分の面倒を自分で見ることが出来て命を全う出来れば最高だと思うのです。

少子化で、介護をする側と介護を受ける側のパワーバランスは、既に崩れているのであれば、みんなが自分の面倒は、自分で見ようと考えるべきで、その為には、健康で綺麗に楽しく人生を送ること、そのための一助ににアロマが貢献出来れば素晴らしいと思います。

そんな切り口で、千代田区委託事業は、進行し、広がりを見せています。

ああ、あんな素敵な高齢者の方がいらっしゃる。自分も頑張ろうと
思う社会って素敵だと思いませんか。

年に数回、仕事先のIFA講師陣との楽しい一時があります。

英国人の素敵なアロマの先生←私は姉として慕っています。

もう英国留学からも15年が経過し、英語がつたなくなってしまい、(恥)通訳なんて遠い昔の仕事。。。。

それでも先生とは、テレパシーで会話が出来るって信じてます。

先生はとってもチャーミング。

「理惠、私たちの基本原理は、とてもシンプル、朝はメディテーション(瞑想)、昼はアロマセラピー、そして夜はワインよ!!」

「カーン!!」←って、ワインのグラスを鳴らす音。

そう、歳を重ねてきたらシンプルイズベスト。

先生、ついて行きます。

花粉症&黄砂へのアロマテラピー

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-3-12 15:37
花粉症シーズンまっただ中のこの季節、今ピークですね。
しかも黄砂とのミックス。

アロマセラピスト必須条件は健康、笑顔、メンタリティ、欲張ればビューティ。

笑顔しか自信がないので、この時期特に辛い花粉症&黄砂症状に、せっせと

イムネオール100

を胸部に擦り込んでいます。イムネオールってイミューン(免疫)から派生していると思うのですが、免疫力が高まりそうな精油が9種類入ってます。
特にクローブ、ラヴィンサラの精油が良い香りを作っていると思う(でないとユーカリ系の揮発した香りに負けてしまうと思うのです)のですが、本当に素晴らしく効き目がある。

それでも花粉&黄砂パワーも負けておらず、年々より一層痛めつけてくれる気がします。

もともと喘息系、気管が弱いので、ハートが弱ったり、喉を痛めたりするとすぐに、気管支炎か、喘息か、下手すると肺炎になるので、一年で一番ナーバス。
既にここ数週間は、軽い炎症が、気管の何処かに出ているようで、胸が痛くて仕方がないのです。ただ抗生物質飲用が続くと、また身体が弱る。うーん、難しい。

免疫力を高めるには、幸福感、良質な食事、適切な運動、良質な睡眠、ストレス軽減のパズルが組み合わさることが大切。

具合が悪いと幸福感が消える、食事は作りたくない、運動なんてもってのほか、しかも寝むれないという悪のスパイラルに陥るってこともある。

アロマテラピーは、寝かせるのがとにかく得意。真性ラベンダーを脊椎に塗布すると、どんなほ乳類も大抵眠気が襲って来ます。うちのウサギも寝てしまうもの。

運動は、鞭打って行なうとして、幸福感を得る為には、幸福エッセンスを持つ人と会わないと駄目なんです。幸福エッセンスの持ち主は、幸福を運びます。元気を与えてくれるひとです。

アロマテラピーを続けるには、幸福な人間関係と良質精油の適切使用と、良質の食べ物。

そう思います。

ゴルフ誌「ワッグル」に掲載中です。

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2009-3-11 11:58
現在販売中 実業之日本社「ワッグル4月号」、特集記事アロマでスコアアップP123〜 監修しました。私も怖い顔して登場してます。怖いもの見たさで立ち読みか、ご購入ください。 内容は、ゴルフスコアアップの為のアロマ活用術。 勿論私が5年以上に渡り、中目黒目黒ゴルフ練習場目黒ゴルフ練習場、コモゴルフアカデミーで、実践臨床した経験を反映してます。 地道な努力が、時々何処かに届くのは嬉しい限りです。 ゴルフとアロマの結びつきは、結構長くやってます。 メンタルコンディショニングにアロマが如何に有効か、そんなところを読み取ってもらえたら 嬉しいです。 石川遼くんが、アロマを活用してくれたらいいんですが。 ゴルフ情報マガジン「waggle」

今年に入ってから、練り練りしていた企画もの。タラソ、アロマのフランスツアーの打合せを
しました。私はかれこれ12年、日本タラソテラピスト学院でも講師を務めておりました
関係で、タラソにも多少は明るい。一昨年にはスパアドバイザーアドバンスド資格も取得しました。日本では、テルムマランが有名ですが、タラソテラピーの御本家は、フランス。
モナコのタラソセンターと、ブルターニュのタラソセンターが有名なんです。
それに私自身の御得意分野であるアロマテラピーもドッキング。今年はあり得ないくらいの
ユーロ安(現在:124円くらいです。昨年180円以上していたことも)に加え、原油安(フランス往復の燃料サーチャージは昨年4万円 今年はなんと往復8000円程度)ということで、
昨年と比べたら本当に御安くツアーが組めるので、これを見逃す訳にはいきません。

本当は、3/1の会員のつどいでチラシを配布したかったのですが、まだツアー金額が正式に
出ていません。今日は、細かいツメを行ないました。現行での決定事項は、

・日程:5/31〜6/6 (5泊7日)

・行程:パリ
    ブルターニュ(タラソセンター宿泊、タラソ4セット込み)
    プランコエ (欧州では有名はリゾート地、森林療法に最適、修道院ホテルに宿泊)
    モンサンミッシェル (世界遺産で有名)
    ベルサイユ宮殿巡り
    パリ    (私と一緒に、フラゴナール他、フランスアロマ事情を視察バスツアー)

 という感じ。いわゆるアロマテラピー系のラベンダー畑や蒸留所は今回は含まれませんが、
 普通の企画旅行では味わうことの出来ない面白いオプションを色々企画しています。

    例えば、ヴィニヤードでワイン巡り
        モネの美術館巡り
        オーガニック視察などなど。。

 ツアーには、現地で私の友人がコーディネイターとなりますので、フランス語の壁も、現地で の様々なお悩みも解決。

 来週くらいには、お値段が出る予定。是非ご一緒に。

ars inc. | aromatherapy and naturopathy