ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 4月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 最新エントリー

本日12月12日は、今年最後のアロマイタリアンでした。

今回も、広島・神戸から足を運んでくださった方もおり感謝の気持ちで一杯です。

第54回講座テーマは「24節気 冬を乗切る」

もうすぐ12月22日冬至になります。

冬至についてのお話しや、クリスマスについてのお話を交えながら、お料理と練り香り作り、そしてS&B食品様によるオリジナルチャイミックス作りをお楽しみいただきました。
御土産には、ご自身で作った練り香りと、冬至の際に柚子湯としてお使いいただくよう柚子を、そしてエスビー食品株式会社様よりご協力いただき、マサラチャイ用のスパイスをお持ち帰りいただきました。


お料理は、
■前菜:天使の海老とホタテ、ヤリイカのマリネ
■パスタ:北海アサリと無農薬きのこのトマトソース、オーガニックフェットチーネ
■デザート:減農薬リンゴのムース
厨房にて、島田シェフから、本日のメニューのレシピと作り方のポイントをまなぴます。


アロマテラピーのセッションでは、
フランキンセンス、ミルラ、ベンゾイン、パチュリ、サイプレス、シダーウッド、クローブ、シナモン、カルダモン、オレンジ・スイート、マンダリンなどクリスマスイメージの精油を使って練り香づくり。
蜜蝋とアーモンド油、シアバターを使った贅沢な練り香りです。
今回は、ブレンドする精油により、リップパームにも使えるものとさせていただきました。参加者の皆さまそれぞれが、個性ある香りのブレンドをしていらっしゃいましたのが印象的です。



美味しい料理と共に弾む会話。
最後は、エスビー食品株式会社様のご協力で、オリジナルチャイミックス作りを楽しみデザートをいただきました。


スパイスで香り付けをしたミルクティー「マサラチャイ」は、心と体を温め幸福感をもたらしてくれます。

これから人をお迎えする機会の増える季節。お持てなしのティー、お料理、、そしてお部屋の香りの演出にと、温かなスパイス系の香りを取り入れて演出するのも楽しいですね。

新しい年にむけて、是非、スパイス系の香りを日常に取り入れ、温かで幸福感に満ちた新年をお迎えいただけたら嬉しいです。

本日も、お忙しい中、足を運んでいただき有難うございました。
またお会いできますことを楽しみにしております。

今回ご参加いただきました皆さま、そして、ご協力いただきましたエスビー食品株式会社様に心より御礼申し上げます。

オリエンタル調で温かなスパイス系の人気の精油【カルダモン】
刺激的でスパイシーな香りは、活力を与えてくれます。

カルダモンは、原産地のインドではカレー料理などに欠かせないスパイスです。インドでは、紀元前1000年以前から栽培され、エジプトでは香料や薫香として重宝され、サフラン・バニラに次ぐ高価なスパイス。
「スパイスの女王」と呼ばれ、生薬やスパイスとして利用されています。

■和名/英名:カルダモン/CADOMON
■学名:Elettaria cardamomum
■産地:主にインド。その他スリランカ、グァテマラ、ヨーロッパ
■科名/種類:ショウガ科/多年草
■抽出部位:種子
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■香りの系統:スパイス系

精油の主な芳香成分としては、
-エステル類:酢酸テルピニル、酢酸リナリル、
-モノテルペン炭化水素類:αピネン、βピネン、サビネン、リモネン、
-モノテルペンアルコール類:リナロール、
-セスキテルペン炭化水素類:ジンジベレン
-オキサイド類:1.8-シネオール
などを含有しており、酢酸テルピネル及び1.8-シネオールが多く含まれます。

【カルダモン】精油は、身体を温めたり、消化器系の調子を整える、鎮静、鎮痛、催淫などの作用があると言われています。
※精神的ストレス・緊張、精神疲労に
※柔軟性や寛容の無さ、疑い深さなどを改善したいとき
※食欲促進と便秘を解消したいとき
※胃腸内のガスを取り除きたいとき
※吐き気、胸やけや消化不良の緩和に


消臭効果(特にニンニク臭やアルコール臭の対して)に優れていますので、塩に【カルダモン】を1-2滴入れて水に溶かし、うがいをして口臭予防としても利用できます。

【ご注意】まれに肌の弱い方はアレルギー反応が生じる場合があります。使用濃度に留意し、皮膚塗布の場合はパッチテストを行ってからご利用ください
※肌の弱い方、乳幼児へのご利用は避けてください。



■エイアールエスオンラインショップサイトでエラーが出る場合は【お問合せフォーム】にてご注文をお願いいたします。
商品情報;PRIMAVERA カルダモン bio 5ml 5,985円

■11月12月開催の1dayセミナー情報■
【11月ワークショップ】ビューティーレッスン1-美肌と美眉で印象度Up-
【Xmas Waku+Waku-Workshop】スパイス講座とX'masポマンダー作成
【12月 Waku+Waku-Workshop】風邪・インフルエンザ対策とアロマテラピー
第54回アロマイタリアン

先週、打ち合わせの合間にIKEAへ買出しに行って参りました。
IKEAも11月16日からXmas商戦スタートだそうです。
ハロウィンも終わり、街はXmasシーズンへと突入ですね。

とても寒くなると予測されている今年の冬は、手作りで暖かな日常生活を演出するのも良いでしょう。

エイアールエスでも、11月27日(土)(受付終了)12月2日(木)に【スパイス講座とX'masポマンダー作成】の1dayセミナーを開催。
また、朝日カルチャーセンター様からのご依頼で、11月27日(土)は、つくばにて【Xmasアロマキャンドルづくり】のセミナーを開催


キャンドルの炎は、人の鼓動も同じリズムを刻む、波打ち際やクラシック音楽と同じ「f 分の1(1/f)ゆらぎ」というリズムを持っています。
この「1/fゆらぎ」は、心地よい快適さを感じることができ、ヒーリング効果を与えるとされます。
また、キャンドルの炎は、滝と同じくらいのマイナスイオンを発生させ、更には空気中の臭気の基を燃焼分解してくれます。
精油やハーブなどの香りを配合したキャンドルは、ライトセラピーとともにアロマセラピーの効果をプラスすることができる優れ物。

食卓を囲む家族との時間を、手作りで、幸福感溢れるフルーツポマンダーと、アロマキャンドルで彩れば、心身ともに温まること間違い無し!これ以上のセラピーはないでしょう。

エイアールエス所属講師:石岡礼見女史による12月のスパイス&ハーブクッキング講習会は、12月14日(火)11:00〜13:30 【手作りで楽しみたい!クリスマスメニュー ローストチキン】となります。
こちらは、毎月予約一杯の超人気講座となっております。お早めのお申込みをお薦めします。

手作りで楽しむクリスマス-食と香りと光のセラピー- 是非、ご家庭でお楽しみください。



■その他11月12月開催の1dayセミナー情報■
【11月ワークショップ】ビューティーレッスン1-美肌と美眉で印象度Up-
【Xmas Waku+Waku-Workshop】スパイス講座とX'masポマンダー作成
【12月 Waku+Waku-Workshop】風邪・インフルエンザ対策とアロマテラピー
第54回アロマイタリアン


第54回講座テーマは「24節気 冬を乗切る」です。
猛暑の後は、厳寒という感じですが、季節は12月クリスマスシーズンですね。
クリスマスの賑わいを堪能しながら、スパイシィーで温まるお料理お飲物をご提案。
冬の乾燥は、加齢の大敵。しっとりとなめらかな手先を保護する蜜蝋クリームを、クリスマスの香りでアレンジしてはいかがでしょうか?

講座の詳細・お申込みは⇒★こちら★をご参照ください。

■その他11月12月開催の1dayセミナー情報■
【11月ワークショップ】ビューティーレッスン1-美肌と美眉で印象度Up-
【Xmas Waku+Waku-Workshop】スパイス講座とX'masポマンダー作成
【12月 Waku+Waku-Workshop】風邪・インフルエンザ対策とアロマテラピー

2010年11月6日(土)の特別企画:アロマティックフレンチも、皆さまのお陰で無事終了いたしました。
アロマプロデューサーとフードコミュニケーションプランナーユニットのS2(エスドゥ−エ)。
今回のフード・ペアリングイベントは『幸福感に包まれる食と香り』がテーマです。

様々な関係者との打合せからアイディアがどんどんと膨らみ、ご来場いただきました60名ものお客様が、更に華をそえてくださり、素敵な贅沢な時間となりました。
ご来場いただきました皆さま、そして関係者の皆さまに、厚く御礼申し上げます。

フード、カカオ、アロマ、フラワー、ミュージックの五感に美味しい5つのセラピーと、各関係者、そしてご来場いただきましたお客様との見事なマリアージュとなったように思います。

■協賛:株式会社ロッテ-チョコレート講習会/カカオ・チョコレートの提供
■協賛:株式会社デザインフィル-オリジナル折り紙を使った、テーブルコーディネイトの演出、チョコレートラッピングのご提案。
■グランドプリンス高輪「ル・トリアノン」シェフ:高垣吉正氏/ソムリエ:田嶋一成氏
-京野菜の魅力を存分に生かしたフランス料理に芳醇なカカオの香りを取り入れたオリジナルフルコース。
-カカオの香りにあう、ワインのセレクト
■バイオリン奏者 清水泰明氏-バイオリンの生演奏でミュージックセラピー
■フラワーセラピスト佐野弥生子-会場を素敵なフラワーアレンジメントで演出
■エイアールエス代表鈴木理惠-香りの演出・プロデュース


会場には、株式会社デザインフィルのオリジナル折り紙を使った、テーブルセッティングや、チョコレートのラッピングなどを展示。


そして、フラワーセラピスト佐野弥生子氏によるフラワーアレンジメントが、会場に華を添えました。




株式会社ロッテ様より、チョコレート(カカオ)に、まつわる様々な様々なエピソードをお話しいただきながら、ガーナ産・エクアドル産・ヴェネズエラ産のカカオを試食。

チョコレート(カカオ)や、「ル・トリアノン」高垣吉正シェフからの、京野菜についてのお話、今回の特別オリジナルコースのそれぞれのお料理のお話しを伺いながら、カカオの香りのせいか、皆様の雰囲気が、どんどん明るく、会話も弾んでいきます。


そして、カカオの香りにあうよう「ル・トリアノン」のソムリエ:田嶋一成氏がセレクトして下さったスパークリングワインで乾杯。
全てのお料理にカカオを使用。




素敵なお料理に、更に華をそえてくれたのは、バイオリン奏者 清水泰明氏による、オリジナル曲の生演奏です。
グランドプリンスホテル高輪の緑豊かな庭園の木々の葉からこぼれる秋の光が、バイオリンの音色と共に、会場を更に癒やしの空間へと導いてくれました。


素敵なご友人たちとの楽しい会話。
お料理に合わせてセレクトされた美味しいワインも。
空間が、どんどん華やぎ、心豊かな時間となっていきます。




最後は、コーヒーとデザート、そして株式会社ロッテ様ご提供で、チョコレートファウンテンをお楽しみいただきました。


休日のお昼に、5つのセラピーを楽しむ贅沢な三時間。
年に一二度は、こうして、自分自身へのご褒美の時間を作るのも良いものですね。



今回は、ご来場いただきました皆さまに、株式会社ロッテ様より各種チョコレート、そして株式会社デザインフィル様からはオリジナル折り紙のお土産をいただきました。
[今回のお料理Menu]
  ■下記のコンポートとイベリコ産ハム-チョコの薄作りと共に-
  ■海の幸と京の週の有機野菜のサラダ仕立て-ヴィネグレットカカオと山椒風味で
  ■真鯛のポワレ カカオニブの風味 -京の旬野菜とサフラン風味のソース-
  ■フランス産 幼鴨のシナモン風味のパン粉焼き -ソースショコラ-
  ■トリアノン特製 チョコレートのデザート

ご来場いただきました皆さまへ、関係者一同、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。





■その他11月12月開催の1dayセミナー情報■
【11月ワークショップ】ビューティーレッスン1-美肌と美眉で印象度Up-
【Xmas Waku+Waku-Workshop】スパイス講座とX'masポマンダー作成
【12月 Waku+Waku-Workshop】風邪・インフルエンザ対策とアロマテラピー
第54回アロマイタリアン


【Xmas Waku+Waku-Workshop】スパイス講座とX'masポマンダー作成

--話題のスパイスでX'masに幸運を呼び込もう--

11月になり、そろそろ街もX'masに向けて華やいでまいりました。
エイアールエスでもX'masに向けて【Xmas Waku+Waku-Workshop】スパイス講座&幸運アイテムX'masポマンダー作成を開催します。心身ともに元気にしてくれるスパイスティと共に楽しみましょう

ポマンダーは、中世ヨーロッパの魔よけ・病気よけ、幸運のお守り。
果実と、殺菌・抗菌効果の高いスパイスで作るフルーツポマンダー。
その香りは、家の中を幸福感でみたしてくれます。欧米では、このフルーツポマンダーをX’masに玄関ドアに飾ったり、X’masや新年のプレゼントとして、リボンをかけてハンドメイドしたりします。
素敵なXmasシーズンを、心身をほっこりと温め癒してくれる幸運アイテムで、楽しく彩りましょう。 
鈴木理恵の、スパイスの効能・効果のお話もお楽しみに。

■開催日時: 2010年11月27日(土)   10:30-12:30 受付終了
         2010年12月2日(木) 10:30-12:30
         2010年12月2日(木) 19:00-21:00 <´↓は同じ内容>

■講師:X'masポマンダー作製-辻 美紀 (つじ みき) <英国IFA/IFPA協会認定アロマセラピスト>
      スパイス講座-鈴木 理恵(すずき りえ) <エイアールエス代表>

■内容:フルーツポマンダーづくり & スパイスのお話し 〜スパイスハーブティを飲みながらお楽しみください〜

■受講資格:18歳以上の成人・アロマテラピー資格の有無に関係なく受講可能

■受講料:3,675円(税込み)ハーブティー付き

■開催場所:エイアールエス 渋谷区千駄ヶ谷5-4-9第20スカイビル 404号 Tel: 03-6273-1910

■お申込み方法:Webフォーム
  http://www.ars-inc.co.jp/registration.html
  講座番号:101127 101202 101203


【各講座のオンライン申し込み】のWebフォームに、受講希望日時の「講座番号」と必要事項をご入力の上、お申込みください。
なお、【各講座のオンライン申し込み】に掲載の、「受講上の注意点」「講座キャンセル、返金について」をご確認&ご同意の上、お申込みくださいますようお願い申し上げます。

■その他11月12月開催の1dayセミナー情報■
【11月ワークショップ】ビューティーレッスン1-美肌と美眉で印象度Up-
【12月 Waku+Waku-Workshop】風邪・インフルエンザ対策とアロマテラピー
第54回アロマイタリアン




*講師の病気や、受講生が最低人数定員6名に達しない場合などには、やむを得ず講座を延期または中止することがあります。
*お申し込みの際に、ご記入頂く皆様の個人情報は、受講連絡をはじめ当社からの各種お知らせ、講座企画の内部資料として使わせていただきます。
また出席簿でお名前をお呼びしたり、お名前を掲載した出席簿を教室に置く場合もございます。

【11月開催ワークショップ】ビューティーレッスン1 ----美肌と美眉で印象度Up----


ナチュロパシーとアロマテラピーのエイアールエスでは、アロマテラピーセラピストの資格取得の講座に加え、実践に使える技術取得サポートの為のセミナーを随時開催しております。
その一つとして、来年はセラピストの付加価値となり集客に繋がるようなセミナーとして【セラピストの為の集客Up講座】を新たに企画中。
11月は、この【セラピストの為の集客Up講座】開催に先駆けて、クレンジングと眉メイクのテクニックにフォーカスした単発セミナーを開催します。

セラピストに限らず、健やかに豊かに素敵な歳を重ね、歳相応の自身の魅力を表現することは大切なこと。
「人の第一印象は2秒で決まる」といわれます。その第一印象に大きな影響を与える『肌と目』
今回は、この第一印象を大きく左右する『肌と目』にフォーカスし、肌ケアの基本である『しわ、くすみを作らない!今日からできるクレンジングテクニック』と、『自分らしさを表現する眉メイクテクニック』を学んでいただきます。
IFAのアロマセラピストでもあり、大手化粧品メーカーにて国内外のプロの美容部員育成トレーナーの経験を持つ、エイアールエスの講師:辻美紀が、プロのテクニックを伝授いたします。

自分らしさの表現に、そしてセラピストの方にはプラスαのサービス提供にお役立ていただければ幸いです。

■開催日:2010年11月13日(土)<受付終了> 2010年11月30日(火)<受付終了> ´△箸發貌韻呼睛討箸覆蠅泙后

■開催時間:11:00〜13:00 (´共に開催時間は同じです)

■講師:辻 美紀(英国IFA/IFPA協会認定 アロマセラピスト/元大手化粧品メーカー美容部員育成トレーナー)

■内容:クレンジング&眉メイクテクニック
  更に、ご自身で普段使用しているメイクアップ用品への個別アドバイスも受けられます。

■受講資格:18歳以上の成人 アロマテラピーの資格の有無に関係なく、ご参加いただけます。
 -ご自身の肌ケアの為にプロのクレンジング技術を、そしてご自身の魅力を引きだす眉メイクテクニックを学びたい方。
 -サロンワークにて、お客様へのサービスとしてメイクアップ技術を学びたい方。
 
■ご持参いただく物:
 -手鏡(スタンド式の鏡、顔全体が映るもの)
 -筆記用具
 -ご自身のメイクアップ用品(講師より、お使いのメイクアップ用品についての個別アドバイスが受けられます)

■開催場所:エイアールエス 渋谷区千駄ヶ谷5-4-9第20スカイビル 404号 Tel: 03-6273-1910

■受講料:3,675円(税込み)ハーブティー付き

■お申込み方法:Webフォームにてお申込みください。
  http://www.ars-inc.co.jp/registration.html
  ※講座番号は、11月13日(土)開催は[101113]11月30日(火)開催は[101130]をご入力ください。


【講師経歴】辻 美紀(つじ みき)
英国IFA/IFPA協会認定 アロマセラピスト。大手化粧品メーカーで、プロの美容部員育成のトレーナーを勤めていた経歴のを経て、現在、専門的に学んだ解剖生理学、アロマ、花の知識を融合させ、多くの女性の美しさを引き出す活動を行っている。経験に裏打ちされた幅広いアドバイスには定評がある。





【各講座のオンライン申し込み】のWebフォームに、受講希望日時の「講座番号」と必要事項をご入力の上、お申込みください。
なお、【各講座のオンライン申し込み】に掲載の、「受講上の注意点」「講座キャンセル、返金について」をご確認&ご同意の上、お申込みくださいますようお願い申し上げます。
■その他11月12月開催の1dayセミナー情報■
【11月ワークショップ】ビューティーレッスン1-美肌と美眉で印象度Up-
【Xmas Waku+Waku-Workshop】スパイス講座とX'masポマンダー作成
【12月 Waku+Waku-Workshop】風邪・インフルエンザ対策とアロマテラピー
第54回アロマイタリアン





*講師の病気や、受講生が最低人数定員6名に達しない場合などには、やむを得ず講座を延期または中止することがあります。
*お申し込みの際に、ご記入頂く皆様の個人情報は、受講連絡をはじめ当社からの各種お知らせ、講座企画の内部資料として使わせていただきます。
また出席簿でお名前をお呼びしたり、お名前を掲載した出席簿を教室に置く場合もございます。

昨日10月16日(土曜日)第53回アロマイタリアンが好評終了致しました。

アロマイタリアンは、2002年からスタートのイタリアンとアロマテラピーのマリアージュ企画です。毎回1つのテーマを、アロマテラピーと有機イタリアンの食からのアプローチで切り込みます。
味覚と嗅覚は、同じ化学感覚。美味しさと、気のおけない方々との楽しい会話、そしてちょっぴりアロマのウンチク。
休日の午後をそんな風に過ごしていただきたいと願って続けております。

今回も毎回広島から足を運んでくださる4名のお客様も含め、参加人数総勢20名。感謝のひと時を共に過ごさせて頂きました。

内容は、まずチャオベラ島田シェフの料理講座
エスビー食品様ご提供の『食べるラー油』試作会
鈴木理惠の24節気アロマ、ムーンセラピー、美容液作成。










今回は、エスビー食品様の食べる精油の作り方を、チャオペラ島田シェフにより再現していただき、皆様には、エスビー食品のべピーリーフと共に、お土産としてお持ち帰りいただきました。
このエスビー食品のベビーリーフ。香りも良く美味しいのですよね。



そして、フランキンセンスや当帰、ローズ、ラベンダーなどのハーブや生薬などから抽出した自然のエキスを、タップリと使った、ご自身の為だけの美容ジェルを作成。

月のサイクルを健康管理など日常に取り入れる・・・そんなお話しを交えながらの講義です。

そして会食、 
 ・前菜  秋刀魚のポーピエット
 ・パスタ 松茸と減農薬きのこ、オーガニックリングイーネ
 ・デザート チャオベラ特製 モンブラン







いつも色々な方々にご参加いただき、本当に感謝しております。
次回日程は、第54回 2010年12月12日(日)冬のアロマテラピーです。今年最後のアロマイタリアン! 
皆様に楽しく美味しいひと時を過ごしていただけるよう、また準備を始めたいと思います。
また、お会いできます事を楽しみにしております。

久しぶりに、セラ治療院
町田先生とお話する機会がありました。
大変ご多忙な先生ですが、本当に真の治療家として尊敬しております。町田先生は、20年以上も以前より中国と懇意にしており、
現在、中国のアロマ事情に最も精通なさっておられるのではないでしょうか。
先生のお話より、中国では、現在アロマテーマパークを建設中だそうで、広大なハーブ園に研修施設、治療施設などが出来る予定だそうです。

中国テーマパークといえば、私の中では、あのドラエモンモドキの
遊園地がぱっと浮かんだのですが、中国はアロマをテーマパークなどでとどめておこうとは到底お考えにないのではないでしょうか。

レアメタルしかり、資源として精油原料をしっかり自国生産し、輸入にほとんどを委ねている日本は、また遅れを取ってしまうのではないかな。中国のアロマ動向が気になります。

ホメオパシーとは、端的に『毒をもって毒を制す』という考え方のもと物性のないエネルギーを、砂糖の粒(菓子のようなもの)や、バッチフラワー、ヒーリングハーブのように、水希釈からブランデー、グリセリンなどに転写したものなどが市販で、出回っている。 ホメオパシー詳細ウイキペディア

今年7月末日ホメオパシーのホメオパシー朝日新聞報道により、ホメオパシーその他の自然療法にネガティブなイメージが出てしまった。

良識のある大人であれば、何かに依存し心身の病気が治療できる訳がないということを容易に理解出来ると思うのであるが、生命の危機に関わるような問題が自身やごく近しい身内などに生じた場合、何かに依存してしまうという心理が働くことも否めない。

そもそも自然療法は、自らの自然治癒力に働きかけるものである。『だれか治して』という依存の構造では、治癒力は引出せないと思う。

2003年、ドイツでホメオパシーの研修に参加した経験がある。ドイツでのホメオパス(=ホメオパシーを扱う治療家)は医師で診断が出来るということが前提であり、西洋医学との融合がある故にある意味の安心感を覚えた反面、所詮人間のすることなので問診だけでは他者の気質体質まではなかなか解らないのではないかと懐疑的に思うところもあった。ましては外人であるし。もう一つ、物質が存在しないというところに医学的説得材料に欠けるなあとは思えた。それからドイツやヨーロッパの植物、鉱物エネルギーが日本人にどれだけ適性があるのか懐疑的な部分もあるけれど、ホメオパシー理論そのものを否定的には思っていない。

朝日新聞報道の『毒を毒性がなくなるまで薄める』という記述だとまるで毒という物性を感じさせるが、そうではなくて物質のエネルギー転写(波動??)をぶつけるというイメージだ。

ホメオパシーなどを科学的に捉えているのが、1995年に発足されたサトルエネルギー学会である。私の中の解釈では、ホメオパシーはサトルエネルギー領域である。

さて、サトルエネルギー的なもの(ホメオパシー、気功、癒し、アロマのニオイによる心理療法など)を扱う場合は、そのもの自体だけではなく、介在する人間のエネルギーが大きく影響すると思う。


アロマテラピーの場合、精油は有機化合物という物性があるが、ニオイの心理的効果については、個々の体質気質、遺伝、生育環境などさまざまなファクターで変容してしまう。つまりインストラクター的な仲介者や書籍から生じるプラシーボは否めない。
受講者が自分の感覚領域を研ぎ澄まさずに、アロマの先生の説明することを素直に受け入れてしまえば、プラシーボが働く。
例えば、ラベンダーは鎮静作用、ジャスミンは高揚作用、みたいな感じで。。

子供にアロマを行ってはっきり解ったのが、子供には知識的プラシーボは、(幼児の場合)ほぼ存在しないので、精油の物性がそのまま効果に反映される。ラベンダーの鎮静作用も効かないことがあるし、杏里の歌だと、ジャスミンは眠り誘う香りではないですか。

アロマテラピー業界にだって、ホミオパシーの一連の報道の影響はあると思う。インストラクター的仲介者が、無知で、邪心があれば、扱う香りが変容することもある。そうゆう意味では臨床から学ぶ必要がある。そして受講生は自分で考え、自分で選択することが自然療法の基本だってことを認識して欲しいな。絶対的なんてことは自然療法の中で存在しにくいし、白と黒では割り切れないよということ。ただ順応しながらアロマさえやっていれば大丈夫なんてことはない。

個人的には、家族や友人らで囲む楽しく美味しい場やひととき、あるいは気持ちの良い場所などの方が、何よりもサトルエネルギーのバランスが整い、元気になるツールなだなと体感している。パワースポットもしかり、みんなが押し寄せるような念がこもるようなところって、パワーがなくなってたりするじゃない。

さて、精油自体には成分組成という物性に加え、サトルエネルギーも存在すると思っている。

質の高い自分にあった精油は、所有するだけで元気になり、有用性が高いもの。こうゆう繊細な感覚は個人差が影響するため、画一的なメジャーリングは所詮出来ないとも思っている。ラベンダーは鎮静ですね。ペパーミントは高揚ですね。ローズは幸福感ですね。みたいなのって相当な個人差があるので、決めつけられない。何でもそうだが、本人が良いと思えて最低限の安全性が確保されていればそれでよし。大人なので双方が自己責任を持って自然療法に望まないと。

個人的見解を述べてしまいましたが、報道事実、世論などは、アロマテラピーを業とする方々には是非知っておいていただきたい。結構ナーバスな問題だなとは思えるので。

ars inc. | aromatherapy and naturopathy