ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 4月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 最新エントリー

【精油のはなし】ローリエ

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-7-1 8:00
【ローリエ(月桂樹)】は、甘くスパイシーで少しシナモンのような香りがします。
月桂樹の葉は、唾液の分泌を増大させ消化を助けるとされ、スープなどのお料理にも使われます。

ローマ人は、治療の神であるアポロンの神と、このとても丈夫な常緑樹である月桂樹を結びつけて捉えていました。
太陽神アポロンが恋をした美しいダフネという娘が月桂樹に姿を変えてしまい、アポロンは嘆き悲しみ、ダフネへの愛を忘れないよう月桂樹の葉で冠を作って生涯頭に飾ったと言うギリシア神話もあります。
また、月桂樹の葉を枕の下に入れて寝ると、素敵な正夢を見ることができるなんて素敵な神話も!

精油は少量の使用でも作用を発揮し、用途も広く利用価値が高いのですが、皮膚を刺激する可能性があるので、他の精油に少量プラスして使用すると良いでしょう。

ローリエの香りは緊張を和らげ、また、消化器系の働きを助けてくれます。
これから夏にかけての暑い時期、食欲が落ち体力が落ちてきたときに、ブレンドにローリエの精油をほんの少し加えてみてはいかがでしょう。

その他、床ずれの予防にも利用することが出来ます。
床ずれ予防には、ローズマリーシネオールとラベンダーのブレンドに少量のローリエを加え、植物油で希釈してトリートメントに使用しても良いでしょう。

■学名:Laurus nobilis
■天然特性成分:1,8-シネオール、サビネン、酢酸テルピニルなど
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■抽出部位:葉

※免疫力を高める作用があります
※抗感染作用があります(気管支肺および腸、皮膚)
※優れた抗腐敗作用があります
※抗痙攣作用があります
※去痰作用があります
※緊張や気持ちの昂ぶりを鎮め、冷静さを取り戻させます

【精油のはなし】ジンジャー

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-6-24 8:00
体を温め、心身に活力を与えてくれる精油【ジンジャー】
五行陰陽の五臓では、梅雨は「脾」に分類されます。(「脾」とは消化器系統を指す)
湿気の多さ、冷たいものの飲みすぎや食べすぎにより、胃の調子を崩しやすい梅雨の季節。
また、体内の水分が滞留しやすい時期。
体内に水分がとどまらないよう適度な運動、そして、ジンジャーを使った精油のブレンドオイルでトリートメント!
血行障害、冷え性、消化不良、胃痛などの症状の緩和をし、心身に活力を与えてみてはいかがでしょうか。

■学名:Zingiber officinale
■天然特性成分:α-ジンギベレン、β-セスキフェランドレン、β-ビサボレンなど
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■抽出部位:根茎

※胃腸の働きを正常にします(鼓腸、腹部膨満感があるときに)
※抗炎症作用があります(胃腸)
※心身に活力を与えます
※抗うつ作用があります



トリートメントオイルのブレンドに、ほんの少しだけジンジャーを加えてみると、落ち着いた香りになります。

【セイロンシトロネラ】は、レモンに似た爽やかな香りが特徴で、これからの季節に蚊避けとして最適な精油。また、優れた抗炎症作用があり、リウマチ痛や筋肉痛を和らげるのを助けます。

市販の虫除けや殺虫剤に"DEET(デート)"が含まれているものが多いというのは有名なお話し。
最近は、こういった虫を避ける作用を持った成分の含まれる精油を使って、手作り防虫スプレーを作るのも流行っていますね。とても簡単なので、是非、皆様も手作りしてみてください。

<<虫除けレシピ>>
※レシピ1:セイロンシトロネラ3:ゼラニウム
※レシピ2:セイロンシトロネラ4:ペパーミント1:レモングラス
[使い方]
 -ディフィザー(芳香拡散器)で芳香を拡散させる
 -スプレーを作り、衣類や持ち物に付ける
  無水エタノールに精油を入れて良く混ぜてから精製水を入れるだけ!
  無水エタノールは出来上がり量の5-10%、精油濃度は1-5%程度
  (直接肌に付ける場合は、精油を0.5-1%濃度にしてください)
  (精油は通常1滴=0.05ml。10mlに対し2滴が1%濃度となります)

<<虫さされレシピ>>
ウインターグリーン1:セイロンシトロネラ1
[使い方]
 -スプレーを作り吹きかける
 -植物油で希釈し塗る
 -ワセリンに精油を混ぜて塗る
 -蜜蝋クリームやジェルローションを作り塗る
 (ローションの作り方、希釈濃度は"上記虫除けレシピ"を参照)

■学名:Cymbopogon nardus
■天然特性成分:ゲラニオール、カンフェン、リモネンなど
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■抽出部位:葉

※蚊など虫を除けます
※抗炎症作用があります




参考:DEET(デート/ジエチルトルアミド)について
忌避剤(虫を避ける)として医薬品と医薬部外品などに用いられている。
現状日本では、医薬部外品では、ツツガムシ、蚊、ブユ、サシバエ、アブ、トコジラミ(ナンキンムシ)、ノミ、イエダニの忌避に、4-10%以下のディート濃度で販売されている。(医薬品は12%以下)
虫除けスプレーや、殺虫剤、防虫剤(エアゾール等)様々な商品に使用されている。
第二次世界大戦で米軍により開発された成分で、忌避剤として効果的で、効力も長持ちすることから、現在ほとんどの虫よけスプレーなどで、主成分として用いられる。
人体実験により、人の健康には重大な影響を及ぼさないとされているが、動物実験では感覚運動機能に異常がみられたり、発がん性や神経毒性など、今のところ、妊産婦、授乳期の女性がDEETを使用した場合の胎児等への影響については安全性が確認されていない成分です。
カナダでは、以下のようなガイドラインが設けられています。
(1)6カ月以下の子供には使用しないこと。
(2)6カ月から2歳の子供は1日1回の使用として、10%以下の濃度のDEETを使用すること。
 顔や手に適用せず、長期的な使用は避けること。
(3)2歳から12歳の子供については、10%以下、また長期使用を避ける。
 1日3回までの使用とすること。
(4)大人および12歳以上の子供については、30%以下
(5)妊産婦、授乳期の女性がDEETを使用した場合の胎児等への影響については不明である

【精油のはなし】サイプレス

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-6-10 8:00
不安を一掃して爽やかにしてくれる精油[サイプレス]
サイプレスはヒノキ科で、森林を思わせる香りです。
心をすっきりとリフレッシュし、怒りを和らげてくれるそんな香り。
モノテルペン炭化水素を多く含むので体内に鬱滞した水分や老廃物を体外に排泄するのを助けてくれます。
特に静脈のうっ血を取り除く作用に優れ、脚のむくみやスリミングのブレンドには欠かせません。

サイプレスの香りには、霊魂の悲しみを沈め恐れを和らげる力があるとされ、古代ギリシア人は、サイプレスの木を死と永遠を支配する地下世界の神:ハデス(プルト)に献上したと言われています。

■学名:Cupressus sempervirens
■天然特性成分:α-ピネン、3-カレン、リモネン
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■抽出部位:葉付枝

※静脈循環を促します
※収れん作用があります
※炎症を鎮めます
※傷の治りを促します
※せきや痰を鎮めます
※心身のアンバランスを回復させます


東洋医学では、サイプレスは「血」の循環を活性化・調整し、「気」の循環も助ける言われています。心に訪れた転機と現実の変化を受け止め流したいときに、芳香浴などに使うとよいでしょう。

サイプレスには多くの種類があり、特にCupressus arizonica のエッセンシャルオイルには強い毒性があります。
サイプレスCupressus としか表示されていないエッセンシャルオイルには注意をしましょう。
学名をチェックし、品質の確かなものを選ぶようにしてください。

【精油のはなし】イランイラン

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-6-3 8:00
マレー語で「花の中の花」という意味を持つ[イランイラン]
最も品質の良いとされるイランイランの精油は5月と6月の早朝に摘まれた花から抽出されます。
とても濃厚で甘くセクシーな香りがして、エキゾチックな香りは、神経を和らげ、リラックスさせ、気持ちをやすらかにしてくれます。
また、催淫特性があるとされているのも有名なお話し。
インドネシアでは、結婚式を挙げたばかりの夫婦のベッドにイランイランの花を撒いておくという習慣が現在でも続いているそうです。

■学名:Cananga odorata
■天然特性成分:ゲルマクレン-D、β-カリオフィレン、酢酸ゲラニルなど
■栽培抽出地:マダガスカル
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■抽出部位:花

※心身をリラックスさせます
※皮膚組織に活力を与えて再生を促し、老化を防止します
※血液循環を促して育毛を助け、髪になめらかさと光沢を与えます
※血圧を下げます
※痛みを鎮めます
※動悸を鎮めます


マッサージに適した精油であり、心身をリラックスさせるだけでなく、皮膚の老化を防止する働きがあるので美容分野でも欠かせません。
柑橘系の精油とブレンドをすると親しみやすく、更に華やかな香りとなります。

精油に含まれる成分である
リナロールには抗感染作用、免疫調整作用、強壮刺激作用に加えて鎮静作用、血圧降下作用、抗不安症作用の働きがあります。
ゲルマクレンDには鎮静作用、抗炎症作用等の働き、酢酸ベンジルには興奮作用の働きがあります。
安息香酸ベンジルや酢酸ゲラニルには鎮痙攣作用、鎮静作用、鎮痛作用、抗炎症作用、神経バランス回復作用等の働きがあります。

非常に香りが強く、大量に使用すると頭痛がする場合もあります。使用量に注意しながらお使いください。

イランイランは水蒸気蒸留によって得られるエッセンシャルオイルですが、蒸留過程によってエクストラ、I、II、IIIと4つのグレードに分類されています。
アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルは香料用とは異なり、蒸留の最初から最後(つまりエクストラからIIIまでの全蒸留過程)までトータルに抽出されたエッセンシャルオイル(完全蒸留)が用いられます。
完全蒸留されたエッセンシャルオイルは香りがやわらかく、美容に有効な成分などが入っています。
エイアールエスで取り扱っているイランイランは、メディカルユーズの完全蒸留された精油です。

【精油のはなし】ラヴィンサラ

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-5-27 8:00
ラベンダーのように用途が広い精油[ラヴィンサラ]
1,8-シネオールを多く含み、クリアで染み通るような香りが心身をリセットしてくれる精油です。

自然治癒力(免疫力)を高める働きに優れ、さまざまな感染症の予防や治癒を促すのに有効で、特にインフルエンザに有効だと言われています。
また、疲労している心身両面に活力を与え、気分が落ち込んでいる状態から前向きに物事を考えられるように導いてくれます。
筋肉のこわばりをほぐしリラックスさせる働きもあるので、肩凝りや関節リウマチ、スポーツマッサージにもよく用いられます。
このように肉体、精神・心理面の両方のバランスを回復させる類い稀な精油であり、無人島にエッセンシャルオイルを1本だけ持って行くとしたらラヴィンサラだ、と言う医師もいるくらい役に立ちます。

■学名:Cinnamomum camphora
■天然特性成分:1,8-シネオール、サビネン、α-テルピネオールなど
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■抽出部位:生育段階 葉

※自然治癒力(免疫力)を高め、病気の予防と回復を促します
※抗菌作用、抗ウイルス作用があります
※心身両面に活力を与えます
※痛みを鎮めます
※筋肉のこわばりをほぐし、リラックスさせます


オキサイド類の1.8シネオールには耳鼻咽喉領域、気管支-肺領域の抗炎症(炎症を鎮める作用)、去痰作用、鎮咳作用(咳を鎮める作用)、うっ滞除去作用や血液流動化作用、粘液溶解体液循環促進作用、代謝促進作用等の働きがあります。
モノテルペン炭化水素類のサビネンは、森林の香りを漂わせ、抗細菌作用、抗感染作用、抗炎症作用、組織再生作用、強壮作用等の働きがあります。
モノテルペンアルコール類のαテルピネオールには抗感染作用、免疫調整作用、強壮刺激作用に加えて神経強壮作用、催眠作用、抗炎症作用、収斂作用等の働きがあります。

カモミール、サイプレス、ラベンダー、ライム、オレンジ、イランイランなどの精油と良く合います。

ラヴィンサラは、産地により含有成分が、かなり異なってくる精油です。
マダガスカル原産のラヴィンサラは、1.8-シネオールタイプの含有率が60%と高く、カンファなどのケトン類の含有率は1%以下と微量になっています。
同じ学名「Cinnamomum camphora」であっても、カンファー油と呼ばれている、ベトナム産、中国産のものとは区別しましょう。

エイアールエスにて取り扱っている[ラヴィンサラ]は、マダガスカル産のメディカルユーズのラヴィンサラです。

【精油のはなし】ローズウッド

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-5-20 8:00
【ローズウッド】は、ストレス、心配事を抱えているときに使われます。
疲れ果てているときにも性欲を促すともいわれて使われます。免疫力を強化し、感染症予防に効果を発揮。敏感肌のスキンケアにも良く働きます。
含有成分であるリナロールには、抗感染作用、免疫調整作用、強壮刺激作用に加えて鎮静作用、血圧降下作用、抗不安症作用の働きがあるとされます。


■学名:Aniba rosaeodora
■抽出部位:木部
■科名:クスノキ科
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■所要成分:リナロール、テルピネオール、ゲラニオール、ジペンテン、ユーカリプトール、メチルヘプテノール、ネロール

※防腐、
※殺菌、抗菌、抗ウイルス、抗真菌、
※抗寄生虫
※性的強壮
※気持ちの落ち込みを解消
※精神的な疲労を癒し、ストレスを解消
※不眠を解消
※風邪やインフルエンザによる咳や喉の痛みを和らげる
*ニキビ、老化肌、脂肌、敏感肌


ローズウッドは、五行では「腎」に属する精油だと言われています。
「腎」に属する精油は、身体の水分やホルモンバランスを調整し、冷え性や新陳代謝の衰えや老化が気になる人にお薦めの精油。
また、ローズウッドは「気」を補い、免疫力を高め、ストレスや落ち込んだ心にアプローチして、身体の芯から元気を取り戻してくれる精油だそうです。この時期、ちょっと疲れが溜まり、落ち込んだ体力&気力に、トリートメントにも芳香浴にもお薦めの一品ですね。

【精油のはなし】バジル

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-5-13 8:00
バジルの葉には、さわやかなスパイシーさを感じる独特の香りがあります。
その香りをかぐとお腹がすいてくる感じがするのですが、バジルは、消化促進、抗菌作用があり、夏のハーブとしてお薦めの一品です。
また、バジルの葉の汁を肌にこすりつけると、虫さされのかゆみ止めと、蚊よけになるとされます。

【バジル】の精油は、メチルチャビコールという成分を多く含みます。
痙攣を速やかに鎮め、心身をリラックスさせます。精神的なストレスで胃が痛くなったり、動悸や冷汗、震えを感じる場合、胸が締め付けられるほどの不安感に襲われる、心配で夜も眠れない、というような人に適しています。


■学名: Ocimum basilicum
■天然特性成分: メチルチャビコール、1,8-シネオール、trans-β-オシメンなど
■抽出方法: 水蒸気蒸留法
■抽出部位: 花咲全草

※胃腸の痙攣や痛みを速やかに鎮めます
※消化器系(胃腸、肝臓など)の働きをよくします
※不安を静めて気持ちを楽にします
※炎症を鎮めます


バジル精油には、"高揚させる、目覚めさせる、明瞭にする、刺激をする"といった心理作用があるとされます。
優柔不断に陥った時、精神的に疲労して消耗してしまった時、頑張りすぎて燃え尽きてしまった時に、集中力や積極性、決断力、目的意識を取り戻す後押しをしてくれる精油です。
仕事に疲れ果ててしまった時、好きな香りの精油にバジルを香りのアクセントに1滴加えてみると良いでしょう。

【精油のはなし】ローズマリー

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-5-6 8:00

夏の始まりである5月。五行陰陽では、5.6.7月が夏、五臓では「心」に属する季節となります。
この「心」に属する精油のひとつが【ローズマリー】
「心」に属する精油は、循環器や脳の働きが低下している人にお薦めの精油です。
ローズマリーは、頭をすっきりさせるさわやかな香りは芳香浴にも最適。
また、他のエッセンシャルオイルともブレンドしやすいのが特徴です。
特に呼吸器系のトラブルには欠かせないエッセンシャルオイルだと言われています。

■学名:Rosmarinus officinalis
■天然特性成分:1,8-シネオール、カンファー、α-ピネンなど
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■抽出部位:花咲全草

※痰を切り咳を鎮めます
※肝臓の働きをよくします
※血液の流れをよくします
※抑うつ的な気分を晴れやかにします
※脳を刺激して活動を高めます
※筋肉の働きをよくします
※痛みを鎮めます


中医学では、血の巡りを良くし、免疫力を高め、昇華を促進し、「陽」の気を補うといわれています。


注意:血圧を上昇させると言われています。高齢者や妊婦の方への使用濃度に十分注意をしてください。

【精油のはなし】レモングラス

カテゴリ : 
精油のはなし
執筆 : 
arsstaff 2010-4-29 12:50

今日は温かく天気が良く、気持ちの良い休日!
GWのスタート!皆様は、どのようなGWをお過ごしでしょうか?
アロマ検定を目前に、勉強を頑張っている方もいらっしゃるかしら?(笑)

さて、今日の【精油のはなし】は・・・[レモングラス]

レモングラスは、レモンのような爽やかな柑橘系の香りがする精油ですが、イネ科の葉から抽出される精油です。
精油の中にはデオドラント効果を持つものが色々あり、レモングラスもその一つです。
室内の嫌な匂い消しに使ったり、また、虫除けに効果がありますので、エアーミストを作って、網戸にスプレーをしたりして使うのも良いでしょう。
タバコの匂い消しには、ユーカリとのブレンドが良いと言われています。

■学名:Cymbopogon citratus
■天然特性成分:ゲラニアール、ネラール、リモネンなど
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■抽出部位: 葉

※体液循環を促します。
※炎症を鎮めます。
※蚊・ノミ・ダニなどの虫を除けます。


ノミ・ダニ対策のお掃除に・・・
セイロンシトロネラ4:ペパーミント1:レモングラス5」の割合でブレンド。
重曹に入れ(1/2カップに対し精油15〜20滴)て、カーペットクリーナーとして、カーペットに振りかけ掃除機で吸い取り使用するのも良いでしょう。
虫除け目的として使用する場合、セイロンシトロネラとブレンドすると相乗効果が得られます。

セルライト対策に皮膚塗布に使用する場合は・・・
イランイラン3、レモングラス2、ローズマリー・シネオール2」の割合でブレンドし、植物油で希釈してトリートメントに使います。

※レモングラスは、皮膚を刺激することもありますので、皮膚塗布に使用する場合は他の精油とブレンドして低濃度で使います。
※使用時にパッチテストを行ってからご利用ください。
※気分が悪くなったり、不快感を感じたら、直ちに使用を中止してください。

ars inc. | aromatherapy and naturopathy