ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 2月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 最新エントリー

お好みのアロマで

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-4-14 12:41
アロマは、食べ物の良い匂いを示す言葉でもあり、ワインの評論にも良く登場します。

芳醇なアロマ、コクのあるアロマ、アロマティック、スパイシィーアロマ、、みたいに。

仕事先の、英国人アロマセラピストと先日食事をした時に、

『なぜ、先生はそんなに若々しいのですか?』

と訪ねたら、
『それは、私が、朝は瞑想、昼間はアロマテラピー、夜はワインを飲むからよ。』
と素敵な笑顔で、ワインを握りしめておっしゃっていたのが印象的でした。
私はこうゆう先生が大好き。


このごろのお気に入りの食材は、イチジク、アボガド、ピスタチオ、& グレープフルーツ。

グレープフルーツは、前の晩に皮を綺麗に剥いておいて、朝食後にいただく。

身体がすっきりするので好き。

メキシカンなワカモレが大好きなので、アボガドは欠かせないし、ピスタチオはナッツ類の中で、

我が家ではダントツ人気。 しかしながらイチジクとアボガドとピスタチオは、完全に

酒の肴系である。ワインにぴったり。ワインの香りが、また色々と幅広い。

私のアロマの授業では、必ずワインに似合う香りとして、クラリセージを紹介する。

クラリセージを嗅ぎ込みながらワインを飲むとすぐに酔えるので便利なのです。

ローズがお好みの方へは、芋焼酎の匂いのキツいのをおすすめします。ローズの香りがするので。

ジュニパーとライム、或はレモンだとジンリッキーだし。

サンダルウッドは、良質なシングルモルトウイスキーにその香りを持つものがある。

柑橘系は、若い子が好みそうなカクテルに点在しているし。

様々なアルコール類のアロマ、勉強すると良いと思います。























勉強しなさい。

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-4-13 12:10
先月末、自分の中での一区切りの出来事がありました。

私の敬愛する恩師で、良き理解者だった方のお墓参りに3年経過してやっと行けたことです。

時間は、過ぎるのが早いようで気持ちの方の時間とはだいぶブレがあり。。、

とにかく色々とお話が出来ました。少しだけ気持ちが落ち着きました。

そして、昨日の晩、彼女の遺したアロマ、ハーブ関連書籍を、譲り受けました。

それと精油蒸留釜。

彼女が、私に『きちんと勉強しなさいね』と囁いているようです。




アロマ、ハーブの書籍は、廃盤、絶版になるのが早いもの。こんなに時間が経過して、
なお、教えをいただいているように思えてなりません。

良い書籍を少しずつ紹介していきますね。良い本は、何度読み返しても飽きない本です。

いずれ自分がそんな本を書いてみたいですが、まずは勉強ですね。





怪しさに誘われて

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-4-12 11:50
物の怪、妖怪、心霊系 ホラー、怪奇現象は、子供の頃から結構好きなジャンル。

先日、友人から、『妖怪大戦争』がとても良いので、子供と一緒に見たら、、と勧められ、

借りて来ました。

この妖怪大戦争は、1968年のリメイクだそうで、2005年に上映されました。

神木竜之介君が主人公。彼は、芸能界すれしてなくて、存在が美しい。そして対比となる

妖怪達。。何と言っても監修が水木しげる&荒俣宏先生ですから、はずれなし。

話の筋としては、昔ながらの良い妖怪 VS. 悪の化身の妖怪(人間への怨念から産まれたというところが社会風刺的だが)

この悪の団長が、あの『帝都物語』の魔人加藤保憲。それをトヨエツが演じている。

アングラ系だけと溜まりませんでした。

...続きを読む


田口道子先生のお料理教室

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-3-19 18:50
今年は、初心に帰って学ぶことが自分のテーマ。

行きつけの美容院で、誘われるままに、料理研究家の田口道子先生のお料理教室に
参加することにしました。

私の家の前が、品川区の文化センターなので、通うのも便利だし。母を誘って、本日は

トライアルで参加。

田口先生は、NHK今日の料理などにも出演された先生で、70歳になるそうですが、この文化センターでお料理講座をはじめて、30年なのだそうです。

30年続けるってことが素晴らしい。てきぱきとされていて、流石素敵です。

今日は、メニュー変更で、グリーンカレーと春キャベツサラダとナン。

カレー愛好家の私にはたまらないメニューでした。

...続きを読む


アロマで花粉黄砂対策

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-3-18 18:20
花粉、黄砂シーズンまっただ中です。

油断すると部屋の中が、ざらざらになってしまうんで、忍耐強く、掃除機とぞうきんがけ。

クイックルワイパーは、年末デビューしましたが、やっぱりぞうきんがけが一番綺麗になる。

アロマでお掃除の方法は、

●クエン酸と精油(クエン酸大さじ1にエッセンシャルオイルはミント、オレンジあたりがおすすめ)
数滴をバケツに希釈して、ぞうきん掛けに使用します。)

*リモネン配合の精油は、床のニスとかが溶け出してしまったりするので気をつけてね。

●消毒用アルコールに精油を加えたもの アルコール30mlに精油5滴くらいかな。
これで窓を拭いたり、黒ずみとか汚れを落とします。

部屋がさっぱり綺麗になったら、次は自分自身のケア。。

...続きを読む


名古屋のお土産

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-3-15 18:00
名古屋へ日帰り出張でした。

昨日より新幹線のダイヤ改正で、N700系が大幅に増発。しかも全て品川に

停車することになり、品川は益々便利な駅と変化しています。

N700系は、全てに於いて広い。新幹線で流れる文字が大きいというのが特徴です。

あと窓側に座ると、全ての座席の隣に電源コードがあるので、パソコンも出来ます。

名古屋までは、大体1時間40分くらいなので、品川から横浜の片田舎の私の実家へ

帰るのと時間はほぼ一緒で名古屋まで到着してしまいます。

今日は、名古屋のアロマのスクールの講義でしたが、卒業式にも参加させていただきました。

つつがなく授業も終了し、帰路へ、、

...続きを読む


クリスタル

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-3-8 1:10
今年に入って、気になっているのが、クリスタル。

去年の捻挫がきっかけで、魔除けが欲しくなってクリスタルに目が行く。

何故が息子も鉱物大好き。前回バリ旅行でも

「ママァ、この赤い綺麗な石買ってぇ〜」と大きなルビーを指差してました。

あんまり興味なかったんだけど、子供につられてショーウインドウの宝石やクリスタルを
見るうちに、段々興味が湧いて来ました。

と、、いつも行きつけの美容師さんが、美容院をお休みの日に、宝石店に勤務してることを

教えていただき、ちょっと目の保養に見に行ってみました。

...続きを読む


医者の品格

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-3-6 0:50
人間ドッグへ行って来ました。所属している◯◯法人会の検診なので、
ご近所で便利だと思ったんですが。

レディースデイの日をわざわざ選択しました。

人間ドッグは、前日の晩10:00から飲食は禁止。

そして検診へ。。


体重、身長、血液採取、、そして医師の診察。

まだ20代中頃〜後半とおぼしき女医さん登場。

巻き髪くるくるでカラーリング、JJ系のメイクで、一見可愛い。

しかし。。。。

...続きを読む


Dr.WHO

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-3-5 1:20
TVシリーズで久しぶりにハマったのが、NHK教育テレビ 火曜日7時からの「Dr.WHO」

残念ながら昨晩最終回を迎えた。


英国BBCが、1963年より制作しているカルト的人気を誇るシリーズらしく、今回のは
シリーズ16作目だそうだ。

時空を自在に旅するなぞの男Dr.WHO

http://www3.nhk.or.jp/kaigai/doctorwho/index.html

毎回いろいろなエイリアン(スターウオーズ崩れだったり、ウルトラマンの怪獣崩れだったり
ETくずれだったり。。)が登場する。

もともと子供が見ていたのだが、私もはまった。

それに、環境問題、SF、ファンタジー+ウイット。。ストーリーが毎回とても
面白い。

...続きを読む


トルコ料理

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
rie_suzuki 2008-3-5 0:37
私の素晴らしいシェフの友人とトルコ料理を食べに行きました。


トルコ料理(-りょうり)は、14世紀から20世紀の初めまでのオスマン帝国の支配を反映し、中央ア
ジアからもたらされたトルコ民族の伝統料理の要素と、ギリシャ、グルジア、シリア地方の料理の要素とが混じり合って独特の発展を遂げたものである。フランス料理、中華料理とともに「世界三大料理」のひとつに数えられることもある。(ウィキペディアートルコ料理よりwikipedia)


香辛料は、コリアンダー系、クミン、コショウ、パプリカなどメキシコ料理に近い感じで、ピタパンみたいな小麦粉の薄いパンにくるんで、豆のペーストを食べる。

とてもヘルシーで美味しい。トルコワインも上質で、しかも値段が手頃である。
イタリアワインと比較したら多分半額くらい。

ビール、ワイン、ラク(アニスを使用した蒸留酒で、水を入れると白濁する)などを飲みすすめて行くうちに、「ベリーダンス」のショーが始まった。

...続きを読む


ars inc. | aromatherapy and naturopathy