ars inc. Web Site
ars inc. ブログ Menu
ブログ カレンダー
« « 2020 4月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

ars inc. Blog - 最新エントリー

秋冬で一番多い風邪インフルエンザ

そこで、1dayメディカルアロマ講座『風邪インフルエンザ対応と方法、冬のアロマテラピー』単発講座を開催致します。



ARSナチュロパシー&アロマスタディーズの講座は、ワンランク上、きちんとメディカルにアプローチを致します。

アロマテラピーで用いられるエッセンシャルオイルには、抗ウイルス、抗菌、抗炎症また免疫力を高める働きなど、感染症の予防やケアに有効なさまざまな成分が豊富に含まれています。構造が単純な医薬品とは異なり、100%天然物質であるエッセンシャルオイルの成分はその複雑雑多な組成から、刻々と構造を変化させるウイルスに有効であり、耐性菌もできにくいことから近年、医学界でも注目されています。今回はメディカルアロマテラピーの観点から、ご家庭で簡単にできる安全かつ効果的な対策を紹介致します。

●実習:予防とケアに使えるブレンドオイルを作り、お持ち帰りいただきます。

●日程:11年11月27日(日)10:30〜12:30 / 11年12月17日(土)10:30〜12:30 2hour

●参加費:3,675円(税込)*参加費には実習費とテキスト代が含まれます。

●講師紹介
澤地 渉
1998年、11年間のフランス滞在から帰国。通訳・翻訳、編集の仕事を通じフランス式のメディカルアロマテラピーを知り、アロマテラピー研究家フィリップ・メユビオと親交を深める。1999年、インドのラマシャンティ・アロマテラピー研究所にて研修。2003年、スイスのCMSラボラトリーにて研修。2006年、ベルギーのPropharex社にて研修。E.A.P.M.認定講師。

川島千恵子
1993年、編集者としてアロマテラピーの取材で渡仏。フィリップ・メユビオに出会い、代替医療として確立したメディカルアロマテラピーを知り感銘を受ける。その後、フランス、スイス、インド、ベルギー等でアロマテラピーを研修・研鑽。エッセンシャルオイルの品質管理およびメディカル・アロマテラピーの普及に努め今日に到る。E.A.P.M.認定講師。

●テキスト:
『ファミリーアロマテラピーの手引き AROMATHERAPIE FAMILIALE FICHE CONSEIL エッセンシャルオイルの特性とセルフケアレシピ(Ecole d' Aromathérapie Philippe Mailhebiau Japon編)A5判、77ページ、定価630円

■お申込み方法:Webフォームにてお申込みください。
  http://www.ars-inc.co.jp/registration.html
  ※講座番号は、11月27日は111127M 12月17日は111217Mをご入力ください。

【各講座のオンライン申し込み】のWebフォームに、受講希望日時の「講座番号」と必要事項をご入力の上、お申込みください。
なお、【各講座のオンライン申し込み】に掲載の、「受講上の注意点」「講座キャンセル、返金について」をご確認&ご同意の上、お申込みくださいますようお願い申し上げます。




*講師の病気や、受講生が最低人数定員6名に達しない場合などには、やむを得ず講座を延期または中止することがあります。
*お申し込みの際に、ご記入頂く皆様の個人情報は、受講連絡をはじめ当社からの各種お知らせ、講座企画の内部資料として使わせていただきます。
また出席簿でお名前をお呼びしたり、お名前を掲載した出席簿を教室に置く場合もございます。

パン、菓子の専門誌月刊製菓製パン11月号 
洋菓子特集、栄養と香りからプレゼンの仕方を考えるカラダとココロに効くお菓子

P142、P167から176、香り協力者として掲載されました。



ベルギーチョコレートピュラトスジャパンチョコレートの持つ「アロマ(香り)」に注目し、それとあわせる食材の相性を考え「フードペアリング」として様々なレシピ提案をしているのですが、私はその中で、素材からの香りイメージ、たとえばエクアドルチョコレート、香りとしてはオレンジ花やスミレの花のようなエレガントで華やかなシトラスフローラル調の香りがするエクアドルチョコレートに、バニラ、ハチミツ、柑橘を組み合わせると、トレンドの香りが出来上がり。万人受けする嗜好になるのです。

香りからの味覚デザイン提案の一環で、さらにイメージ、ストーリー性を儲けて、どんな生活へ提案をするかも考察しています。リラックスし、穏やかな香りでしたら、疲労回復と幸せ気分を呼び覚まします。ひとりぼっちの寂しさも癒します。

アロマテラピーという精油だけの枠から飛び出した発想です。パン、菓子業界では、おそらく
初の試みであると思います。しかしながらこうゆう発想や創造が出来るようになったのも、
長年の経験から得られたものですので、想像だけの世界で話をしたり、書いている訳ではありません。洞察と観察から得られた体験ですので、もしご興味ある方、専門誌の置いてある書店でご覧いただけましたら幸いです。

こうゆう世界のご褒美は、美味しいお菓子をいただけること。そして味覚から嗅覚を感じる意識づけを自身に体得出来たことですね。

月刊製菓製パン

昨日は、「首、肩、背中、ヘッドマッサージ講習会」を開催致しました。


アロマトリートメントで、植物油を基剤に使用するのが普通ですが、植物油は、アロマトリートメント施術の幅を狭めてしまうことが多々ございます。

たとえばちょっと気軽に行いたいとき。水回りやホットタオルが用意出来ないとき、お洋服を脱げない環境のとき、スポーツで手が油っぽくならないようにしたいとき、、などなどオイルマッサージに捕らわれていると範囲が狭まってしまうのです。

そこで考案したのが、植物油ではなく、クリームやジェル化粧品に精油をブレンドする方法です。
クリーム、ジェル化粧品でもタラソテラピーやアロマ、ハーブなどの効果が引出せるものを色々試してみて、実際に数百人のお客様に実践してみて一番良い方法を考案したのが、こちらの講習会です。

アロマセラピストがサロンでどんなサービスが提供出来るか、どんな付加価値を持たせることが
出来るかはとても大切です。ハンドやフットは色々と行われておりますが、一番マッサージして欲しいのは、首、肩、背中とかヘッドですよね。気持ちが切り替わりますから。

<本日の講集会の流れ>
1.使用基剤の知識
2.トリートメントの知識(凝りに良いツボ押しや、ストレッチ法など)
3.首、肩、背中の凝りにより精油について(メディカルアプローチにて、ホリスティックではなく精油の効果を引出すための学習を行います)
4.首、肩、背中の凝り解消ブレンドオイル作成(お持ち帰り、セルフケア用)
5.首、肩、背中、ヘッド実技講習

この講習会は、マッサージを受けたり、施術したりしている間に、自身の肩こりや不調が緩和されるという体感を得られるのがとっても良いのです。皆講習会終了時はすっきりです。

私も教えながら、「こんな風にサロンに落とし込みをすると良いわよ。」というようなアドバイスを致します。またアイディアを膨らませながら受講生さんらとわいわい考えていくのも楽しいです。受講生の方々にも「実践的」、「すぐに取り入れられそう」と大変好評です。なんだかうやむやなアロマトリートメントにならないよう結果を導き出すようにすることはとても大切です。

やはりアロマセラピーは素晴らしいですよね。ブレンドも色んな手法がありますし、ご自身のアロマに広がりを持たせたいかたに是非受講いただきたいです。

次回「首、肩、背中、頭皮マッサージ講習会は11月23日(水祝日)10:30〜12:30の予定です。

2002年からスタートしたとっておきのハーブ生活も来年で10周年を迎えます。



エスビー食品のとっても素敵なハーブ、スパイス、アロマの情報サイトです。アロマで10年近く原稿書きを続けさせていただいているおかげで、本当にハーブ、スパイスについて勉強させていただきました。お料理講座、イベント企画などの仕事もさることながら、家庭でグッとスパイスハーブが身近なものとなりました。カレーパウダー 手作りや日常の料理へ上手に取り入れられるようになったり、お腹の調子があまりよくないときにティーとしていただいたり、私が専門とするアロマセラピーにどれだけのバリエーションが広がったか計り知れません。スパイス、ハーブを通して沢山の出会いがございました。少しずつですが普段の生活に自然とハーブやスパイスのある暮らしが出来上がりました。

一番良かったのは、子供がスパイス、ハーブ好きになったこと。夏休みの自由研究でスパイス研究したり、カレーを作ってみたりしたこともございました。今は自分でスパイスならべて味を調整してます。味覚形成にも多いに役立ったと思っています。

それに家のご飯がとっても美味しくなりました。ちょこっとハーブやスパイスを利用するだけで
美味しいご飯が作れるって素敵です。

このサイトは始まったときに子供が2歳ちょっと(初年度のサイトはデザイン賞を受賞)、今は12歳になろうとしています。10年ってあっという間です。ちなみにアロマイタリアンも10年目、IFAの先生は14年目いつまで続くのかちょっと楽しみです。


arsの由来

カテゴリ : 
セミナー/イベント情報
執筆 : 
rie_suzuki 2011-10-22 20:30
昨日、いきいきぷらざ一番町のアロマで、気質・体質の話で、ヒポクラテスを持ち出しました。

ヒポクラテスの言葉の中に、人生は短く、術のみちは長い "ο βιος βραχυς , η δε τεχνη μακρα" =ars longa, vita brevis  に、arsという言葉が出て来ます。直訳は、技術、実学ですが、フランスではアートを意味します。ラテン語では、自然の配置、技術、資格、才能などの意味があり、私が自身の会社設立時に、アロマテラピーに必要なことを意図して名付けました。

もうひとつ韻を踏んでます。Aromatherapist Rie Suzukiの頭文字だから会社名を設営しやすい。

arsはアルスなのですが、登記した時にはすでに別の会社が存在しており、エイアールエスに
したと言う訳。

ところで、ヒポクラテスの名言、『人生は短く、術の道は長い(学術は長い)』は、自身に刻んでいる言葉。本当に人生なんてあっという間、アロマの術はヒポクラテスの前から今に至る迄
ずって続いている訳です。

日本人の食生活に欠かせない米と醤油の基礎知識と味比べを通して地域による味わいの違いや可能性についてのセミナーに出席しました。こちらの企画は、エスドゥーエS2としてユニットを組ませていただいている佐野先生(次回2011.11.11特別企画!香りと花に癒されるアロマティックフラワー)の企画です。興味深い企画が沢山ございます。
桜美林大学オープンカレッジ「大人の食育塾」



講師の秋沢先生は、107年も続いている山形の米販売店の方で、米飯専門パネリストかつライステイスターでいらっしゃいます。とても素敵な先生です。


米の食味を計測機器によるのではなく、人間の味覚・視覚・臭覚(嗅覚)を屈指して判定するのが米専門パネリストのお仕事のようです。味覚識別能力テスト、順位テスト、差の識別テスト、米飯の識別(貯蔵基幹・水浸割粒混入率)テスト、尺度トレーニングを
米に対して実施し、妥当性・再現性を評価し適合と認められた方が
米専門パネリストです。

講座の内容は、
1、お米の基礎知識 お米と環境(自然農法〜産地、品種など)
2、美味しいお米の選び方、保存法と炊き方
3、お米再発見! 新しい“味力”と“可能性”を知る。
4、プロの好むお米とは? 毎日食べたいお米とは?
5、品種別のテイスティング
です。

私の母が新潟人なので、米は魚沼産こしひかりがダントツ美味しいとずっと思っていたのですが、、、。

お米の栽培種類だけでも400種類以上があるそうです。

興味をひかれたのは、現在お米に関しての表記に「有機栽培法」という表現はないそうで、農薬が通常の半分以下ですと「特別栽培米」、3年以上農薬を使わないと「JAS有機」という表記が行えるそうです。有機そのものは取得がとても難しいとのこと、農家の
皆さんが大変ご苦労されているということが解りました。

それと美味しいご飯の炊き方。
もうだいぶ前から炊飯器を辞めて、最初はルクルーゼでご飯を
炊飯しておりましたが、今は土鍋炊きにしています。これが一番美味しくなるそうです。

お米は、浸水が大切だそうで、たとえ無洗米であっても浸漬30分以上が必要だそうです。

そして水切りは御法度だそうで。

とても重要なのは、炊飯10分後のシャリきりなんだそうです。

うちの場合、ガスコンロに炊飯機能がついていて、勝手に火加減調整をしてくれているのですが、水加減がいいかげんだとおこげが
沢山出来てしまったり、ちょっとした調整が難しいんですよね。

最後の醍醐味は5種類の炊きたてご飯のテイスティングです。
今年の新米5種類を香り、外観、硬さ、粘りで、評価するのですが
香り得意の私も、よい米の香り定義が難しかったです。
やはり普段食べているものの馴れがあるようで、こしひかりを良い匂いと思い込んでいることに気づかされました。

五種類の米は、こしひかり、つやひめ、秋田小町、おぼろ月、ミルキークイーンでした。受講生に人気はつや姫、これは山形が昨年発表したこしひかりよりも美味しいお米と評価されたものです。



お米の奥深い世界を堪能致しました。

週末新宿御苑秋薔薇ガイドツアーがあるようです。親子セミナーないですか?ってお問い合わせもいただいてますので秋バラガイドツアーに行きませんか。*子連れでも大丈夫です。




詳細は新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウオーク


■集合日時:10月22日9:45分に新宿御苑千駄ヶ谷門前集合。(雨天10月23日同じ時間)10:00〜11:30


■費  用:入場料200円(新宿御苑の入場料金のみ)


■持ちもの:■持ちもの:水筒とカメラを持って行きましょう。
      お弁当持って広々御苑でお食事もよし
中のレストランで食べてもよし。

<ご希望の方のみ>
*お子さん連れで大丈夫です。
■アロマクラフト作成 13:00〜 エイアールエスにて。
「アロマ入浴剤作成1人500円」 精油を利用した入浴剤
「アロマ美容液作成1人1000円」ローズチンキと精油を利用した優れもの美容ローションを作成します。
         
■お申し込みは、折り返しエイアールエス宛info@ars-inc.co.jpにでご連絡ください。アロマクラフトは希望者のみです。



この季節のお気に入りの香り

カテゴリ : 
香りのレシピ
執筆 : 
rie_suzuki 2011-10-16 0:50
アロマセラピーの中で、ブレンド作業は、まさにアートですよね。


私もブレンディングが大好きです。IFAやIFPAでは、3種類程度のブレンドと習いましたが、
別にブレンド自体に精油種類のしばりを入れる必要はありません。

精油選択、ブレンドの過程、ブレンドの手法、ブレンドされた香り、これらの一連の流れは、貴方自身を投影していますので、最近はアロマリーディングなるものが存在するようです。

他者のことを100%理解出来るひとなんておりません。自分のことは自分でしか解らない部分が
あると思います。完全にはリーディングすることは難しいかもしれません。

ですが、ブレンドは、自己表現にも、ある種の自己実現願望なども包括されているように思えます。

今の季節、お手頃精油なら、ベルガモット、安息香、シダーウッドなどが似合うように思います。
東洋医学でも憂いと悲しみの感情が湧いて来る季節ですから、慰みと滋養になる甘く優しい香りが、似合います。

少し気合いが入るなら秋薔薇の季節、ローズを数滴滴下するとブレンドのオーラが変わります。

ローズはずっと芋焼酎と思っていたのですが、その美しさに敬意を払いたいです。他にはオスマントゥ(キンモクセイ)、マグノリア、フランジバニ(プルメリアのこと)なども素敵です。

ブレンド力がつくと、料理が上手くなります。またアイディアが広がりますよ。秋の夜長を
精油達と楽しくお過ごしくださいませ。

エイアールエスの大人気商品といえば、イムネオールですが、エルバ社のイムネオールは完売となってしまいました。私が探し求めて行き着いた究極の精油ブランドは、エルバ・エルヴェティカです。
フランスのアロマテラピー研究家フィリップ・メユビオが確立したアロマテラピー用エッセンシャルオイルの品質保証ラベルE.O.B.B.D.®。 E.O.B.B.D.®認証のエッセンシャルオイルは、医療品製造・品質管理基準GMP認証の管理体制のもと、ISO規格に則った分析、ボトリング、ラベリング、包装が行なわれています。代替医療としてのアロマテラピー(メディカルアロマテラピー)に使用できる品質のエッセンシャルオイルであるか否かを見極めるためには、科学的な分析が欠かせません。比重、屈折率、旋光度を測定する物性試験(エッセンシャルオイルの物理的な性質を試験する)は、エッセンシャルオイルに混ぜ物がされていないかどうかの目安になります。その厳しい検査基準をクリアした精油ですから、アロマセラピストが安心して使用することが出来ると考えています。

残念ながらエルバ・エルヴェティカは、出資会社の倒産のあおりを受けブランド自体がなくなってしまいました。ですが、新たにパナセア・ファルマとして品質基準をクリアした精油が販売されることになりました。

とくに残留農薬検査まで行っている精油ブランドは、唯一無二と言えると思います。

という訳で、ars|エイアールエスでは、エルバ社から引き続きパナセア・ファルマの販売を
開始致します。エルバ社の精油は在庫限りです。

来月にはお待ちかねのイムネオールも入荷しそうです。それに伴い、ながらくお休みしておりましたメディカルアロマ講習会も企画中です。

どうぞお楽しみに。

昨晩、アロマで副交感神経UPセミナー を開催致しました。




ストレス解消法、ストレス軽減方法、気持ちのあり方、などを辻講師がレクチャーし、

その後、お気に入りのストレス解消トリートメントオイルを作成。

そしてサロンでもばっちり使えるハンドトリートメント方法を伝授、相モデルでしかっりトリートメント致しました。手の反射区、つぼなどを交え、植物油のトリートメントではなく、拭き取りのいらない化粧品を利用した方法も伝授。

お菓子とティーで楽しく語らい、夜がふけて行きました。

エイアールエスでは、今月も楽しい単発セミナーが満載ですので、お気軽にご参加ください。

■その他10月11月12月開催の1dayセミナー情報■
11月5/15日 ビューティフェイシャルレッスン 目元ケアで目力UP
11月11日満月に誘われて、花と香りに癒されるアロマティックフラワー
アロマウエルネス
■アロマdeインフルエンザ対策
11.4(金)10:30-12:00
11.5(土)16:00-17:30
11.15(火)18:30-20:00


【各講座のオンライン申し込み】のWebフォームに、受講希望日時の「講座番号」と必要事項をご入力の上、お申込みください。
なお、【各講座のオンライン申し込み】に掲載の、「受講上の注意点」「講座キャンセル、返金について」をご確認&ご同意の上、お申込みくださいますようお願い申し上げます。




*講師の病気や、受講生が最低人数定員6名に達しない場合などには、やむを得ず講座を延期または中止することがあります。
*お申し込みの際に、ご記入頂く皆様の個人情報は、受講連絡をはじめ当社からの各種お知らせ、講座企画の内部資料として使わせていただきます。
また出席簿でお名前をお呼びしたり、お名前を掲載した出席簿を教室に置く場合もございます。

ars inc. | aromatherapy and naturopathy